枕崎市でも期限切れコロナ小児用ワクチン

枕崎市でも期限切れコロナ小児用ワクチン

  • KYTニュース
  • 更新日:2022/11/25
No image

有効期限の切れた小児用のコロナワクチンが接種されていた問題で、枕崎市でも17人に接種していたことが分かった。今のところ、主な副反応に該当する症状以外は体調への影響は確認されていないという。

有効期限の切れた小児用のコロナワクチンが接種されていた問題で、枕崎市でも17人に接種していたことが分かった。

枕崎市によると、今月22日に新型コロナの小児用ワクチンの管理・配送を委託している業者から「有効期限が先月31日までのワクチンを、今月1日以降も医療機関に発送していた」と報告があったという。これまでに17人が接種を受けていた。

南九州市と南さつま市でも有効期限の切れたワクチンが使われていたことが分かっていて、3つの自治体ともワクチンの管理・配送を委託している業者が同じだという。

いずれの自治体も今のところ、主な副反応に該当する症状以外は体調への影響は確認されていないという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加