吉岡里帆「ハケンアニメ!」映画化で主演!中村倫也が天才アニメ監督役

吉岡里帆「ハケンアニメ!」映画化で主演!中村倫也が天才アニメ監督役

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/11/25
No image

吉岡里帆×中村倫也×柄本佑×尾野真千子 - (C) 2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会

吉岡里帆が主演を務め、中村倫也柄本佑尾野真千子共演で、辻村深月の小説「ハケンアニメ!」を映画化することが決定した。2組のアニメ監督とプロデューサーが、アニメの頂点“ハケン(覇権)アニメ”を目指して火花を散らす本作は、2022年5月に公開される。

テレビアニメは年間制作本数300本以上、マーケットは2兆円を超えるとも言われるアニメ業界。その制作現場では、最も成功したアニメの称号「覇権(ハケン)」を取るため、日夜熾烈な闘いが繰り広げられている。そんな世界に飛び込んだ、公務員出身の新人アニメ監督・斎藤瞳(吉岡)が、監督デビュー作で、憧れのスター監督・王子千晴(中村)と“ハケン(覇権)アニメ”を争うさまを描く。

瞳は、仕事はできるがクセ者のプロデューサー・行城理(柄本)や、個性的な仲間たちと共にアニメ「サウンドバック 奏の石」の制作で奮闘。一方、過去にメガヒット作品を生み出して天才として名を馳せるも、もう後がない崖っぷちの天才監督・王子は、かつて「伝説の制作進行」と呼ばれた名プロデューサー・有科香屋子(尾野)とタッグを組み8年ぶりにアニメ「運命戦線リデルライト」で監督復帰を果たす。

No image

新人アニメ監督役の吉岡里帆 - (C) 2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会

公開された特報映像では、瞳が「アニメは魔法を超える力を与えることができる!」と真剣な表情で訴えかける。そして、瞳、王子(中村)、行城(柄本)、香屋子(尾野)らによる、あわただしい制作現場の風景が映し出される。また、瞳が王子に「わたし負けません。全部勝って、覇権を取ります!」と勝利宣言をする姿や、不敵な笑みを浮かべる王子、驚いた顔の行城、香屋子を見ることができる。

主演の吉岡は、「1本のアニメが生まれるまでの軌跡と、アニメーターたちの死闘を描く今作。日本の宝とも言えるアニメーション作品ですが、その裏では想像の何倍も何十倍も地道な作業が繰り返されています。アニメーターたちの底知れない才能が日夜コンテとなり原画となり動画へと昇華されていく……素晴らしいアニメを見た時、抑え切れない感動を覚えるのと同じようにそんなアニメ作品を作る人々の想いに触れた時きっと今までにない感動が届くと撮影をしながら毎日思っていました」と撮影を振り返る。

No image

スター監督・王子役の中村倫也 - (C) 2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会

王子役の中村は、「台本を読みながら何度も『ある、ある』と、この職業独特の“クリエイター熱”に頷いてしまいました。覇道に足を踏み込みながらも、悩み多き、王子という人間を演じることができて幸せです。きっと多くの人が、魂を削りながら仕事への情熱を注ぐ彼らを見て、日々を生きるエネルギーを受け取っていただけると思います。監督・吉野耕平の世界を乞うご期待!!」とアピール。

柄本は「行城はクセが強めなのですが同時に人間臭くもあるヤツだと思い現場に臨みました。吉野監督は線が細く声が小さく、挙動不審なところがありますがその見た目からは想像できないほど頑固で芯の通った男らしさがありました。アニメ業界を生きる骨太な人間ドラマが時に軽妙に、時に深刻に描かれます! ぜひ楽しみにしていてください!」と語り、尾野は、「希望、夢、憧れ、進むべき道、そんなキラキラした物語の中にいました。久しぶりに恋なんかしたりして。妖精のような吉野監督とのやりとり楽しかったです! どんな風に繋がっていくのか楽しみです!」とコメントを寄せている。

監督を務めるのは、『君の名は。』(2016)にCGクリエイターとして参加し、『水曜日が消えた』(2020)で長編映画デビューを果たした吉野耕平。東映アニメーションが監修を行い、変化の激しいアニメ業界のリアリティーを徹底追求。劇中アニメ「サウンドバック 奏の石」「運命戦線リデルライト」の制作には「攻殻機動隊」シリーズなどで知られる Production I.G をはじめ、日本を代表するアニメプロダクションが参加する。

吉野監督は、「本作は、もともと自分が映画化したかった原作企画を、逆に監督オファーをいただくという幸運に恵まれた作品でした。ちょうど自分自身が長編第一作目を撮った直後の、新人監督としての記憶も生々しいこの時期に、同じ新人監督の物語を描けたことの幸運と、さらに、すばらしいキャスト・スタッフと共にその作品に挑めたことの幸運を、今は噛み締めています」と喜んでいる。

原作の辻村は「『ハケンアニメ!』はわたしの小説のなかでは最も映像化が難しいタイトルだと思っていました。理由は、作中に登場する二本のアニメ。『その期の覇権をとる』と言われるようなクオリティーのアニメを現実に映像内に再現してもらうのはまず無理だろうと諦めていました。だけど今回、素晴らしいスタッフとキャストの皆さんの力を借りて実現しました。私の描いた王子が、香屋子が、瞳が、行城がここにいる。彼らの作るアニメがここにある。劇場で彼らの軌跡を目撃できるのが、今から楽しみでなりません」と期待を寄せている。(編集部・梅山富美子)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加