阪神井上が適時二塁打「もっと荒々しくていい」監督

阪神井上が適時二塁打「もっと荒々しくていい」監督

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/21
No image

阪神対広島 4回裏阪神2死二塁、井上は適時二塁打を放つ(撮影・加藤哉)

<練習試合:阪神4-3広島>◇21日◇かりゆしホテルズボールパーク宜野座

4回守備から出場した阪神井上広大外野手が痛烈なタイムリーを放った。

4回2死二塁から左腕床田の内角球に反応。追い込まれながらも、うまくさばいて三塁線を破る適時二塁打。「しっかりとミートすれば強い打球というのはいくと思う。それを追い込まれてからは、なるべく意識するようにしています」。

矢野監督は「もっと若さがあっていい。もっと荒々しくていい」と結果を恐れず突き進むようゲキを飛ばした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加