知的財産権の貿易黒字が上半期に3.7億ドル、「BTS」や「BLACKPINK」効果で=韓国銀行

知的財産権の貿易黒字が上半期に3.7億ドル、「BTS」や「BLACKPINK」効果で=韓国銀行

  • WoW!Korea
  • 更新日:2022/09/23
No image

知的財産権の貿易黒字が上半期に3.7億ドル、「BTS」や「BLACKPINK」効果で=韓国銀行(画像提供:wowkorea)

韓国銀行によると、2022年上半期の知的財産権の貿易収支(暫定値)は3億7000万ドル(USD、約526億8874万円)の黒字を記録した。7000万ドル(約99億6639万円)の赤字だった前年同期から一転、黒字となった。2018年下半期、2019年下半期に続く黒字額となる。

産業財産権では、韓国の大企業によるベトナムの現地法人などへの特許・実用新案権の輸出増加で3億7000万ドルの赤字を記録。10億1000万ドル(約1438億5480万円)の赤字だった1年前よりも、赤字幅が大幅に縮小した。

著作権は、8億7000万ドル(約1238億7277万円)の黒字だった。文化芸術著作権が3億8000万ドル(約541億円)の黒字で、半期ごとの黒字幅では2位となったことが下支えした。とくに音楽、映像が4億ドル(約569億6960万円)の黒字で、こちらも半期基準で2位だった。

韓国銀行のイム・インヒョク国際収支チーム長は「『BTS(防弾少年団)』や『BLACKPINK』など代表的な韓流歌手の活躍で、音楽や映像などがおもに日本に輸出されており、文化芸術著作権の収支が黒字となった」と話した。ただしドラマ「イカゲーム」の場合は、米ネットフリックスが制作費を支援して著作権も保有しているため、文化芸術著作権の黒字に与えた影響は限定的だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加