38歳妻が青ざめた...養育費を請求された「年収600万モラハラ夫」のヤバすぎる提案

38歳妻が青ざめた...養育費を請求された「年収600万モラハラ夫」のヤバすぎる提案

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2020/10/17
No image

無自覚モラハラ

家庭内のモラハラというと、結婚相手を不快にさせるような、不適切な言動を思い浮かべる人は多いだろう。しかし、じつはそうした言動だけを指すのではない。家庭への無関心や家事への非協力、育児に対する無知なども、相手の深刻な精神的苦痛になることがある。むしろ加害者の無自覚ゆえに、こうした人のほうが事態を悪化させてしまうケースもある。

九州に暮らす山岡美穂さん(38・仮名、以下同)も、夫の「無自覚モラハラ」に耐えきれず、離婚を決意した一人だ。

「公務員の夫が提示した養育費は月にたった1万5000円です。これではとても子供を養って普通の生活はできません」

こう話す美穂さんは昨年末まで九州のとある街で、公務員の夫、隆さん(40)と4歳の息子と2LDKの借家で暮らしていた。しかし、隆さんの自覚のないモラハラによって関係が悪化。隆さんは夫婦生活の空気の悪さに耐えきれず、実家に戻ってしまった。現在は離婚調停中だ。

No image

〔PHOTO〕iStock

東京出身の美穂さんは、結婚するまで生命保険会社の法人担当の営業部で働いていた。20代の頃は恋人を絶やさないタイプだったが、30歳を過ぎると出会いも減っていった。結婚したら子供2人は欲しかったため、年齢的に焦りを感じていた時に出会ったのが隆さんだった。

「保険のセールスレディって、営業先の企業で、長期の生命保険を組んでもらおうと、若手サラリーマンとよく飲み会をやるんです。その時はたまたま呼ばれて行ったら、そこにいたのが、知人の誘いで来たという隆さんでした。聞けば、九州から東京に出向していた地方公務員だそうで、太っていて外見的にはモテるタイプではありませんでしたが、年が近く優しそうな人で、むしろ好ましく感じました。2人とも大好きなお酒の話題で盛り上がったのを覚えています」

当時、美穂さんは34歳で隆さんは36歳。独身の2人は交際を始めた。恋に恋する年齢でもなかった美穂さんにとって、隆さんが公務員であることが魅力的に映ったのも偽らざる気持ちだ。隆さんの年収は600万円ほどだった。

「3か月ほど付き合ったところで、彼の出向が終わり、地元に戻る時がきました。少し早いかとも思いましたが、いいタイミングだから結婚しよう、という話になりました。東京での独身生活に飽きていたこともあり、九州へ嫁ぐことも不安より期待のほうが大きかったです」

九州に引っ越してからも、それまでのキャリアを生かして、地元の保険会社に転職が決まった。新居は隆さんの実家近くの借家。隆さんの父親は教員で、きちんとした一家に思えた。

「新天地での仕事は勝手が違い、ノルマもなかなかハードで大変でしたが、プライベートでは週末にドライブに出かけることもあり、九州での生活は楽しいものでした。隆さんは元々、ルーズな性格で、家事もほとんどやらなかったのですが、DINKS時代はさほど支障になりませんでした。神経質な人よりずっといいと思っていたくらいです」

No image

〔PHOTO〕iStock

ラクな家事しかしない

しかし、結婚して1年ほどしてから長男が生まれると、言うまでもなく、生活は一変する。

「出産後は家庭内でのタスクが5倍にも10倍にも増えましたが、隆さんは相変わらず何もやりませんでした。しかも息子は夜泣きが酷く、一晩に5回以上起こされるなんてこともザラでしたが、起きてあやすのは全て私。隆さんは息子が泣き出すと、自分だけリビングのソファで寝てしまいます。それでも、約半年の育休中は『そのための育休なのだから』と私が全部やっていました。これが間違いでした。家事育児のスキルの差がどんどんついてしまったのです」

家事はともかく、育児に関しては、美穂さんも隆さんも初心者のはず。ところが、美穂さんが育休期間に育児に専念してしまい、隆さんは家事はもちろん、育児について何も習得しないまま、育休期間が明けることになってしまったのだ。

「結局、復帰後も、私一人が家事や育児のほぼ全てをやっていました。体力的にも精神的にも限界がきていました。隆さんには何度、分担を頼んでも、『わかった、やるよ』と、空返事だけです。それで私が不機嫌になると、比較的ラクな家事をやるだけで……」

ラクな家事とは?

「例えば皿洗いなら、平べったく洗いやすい皿ばかり洗って、分解や洗浄が面倒な息子のストローマグは流しに放置。カレーがこびりついた鍋なども当然放置です。洗濯物も同様で、畳むのはタオルだけ。結局やるのは家事のほんのわずかな『上澄み』部分だけです。それで本人は達成感を得てしまうのがまた厄介で。いくら言っても、なだめられるだけで、根本的な話し合いさえできない。こちらの深刻度が伝えられないのが本当に辛かったです」

飲み会も減らさない

さらに、子どもができても隆さんの酒席は一向に減らず、夜はいつも遅く、家では寝転んでばかりだったという。美穂さんは第2子も欲しがったが、隆さんはその気配すら見せず、機会も一向になかった。

「お酒については、体を心配して、いつも控えるように言っていたのです。それでも付き合いだからとか、止める気配もなく、家でも飲んでいました。息子と遊ぶことも少なく、思いつきであやす程度です。いつも寝ているかソファで休んでいるか、お酒を飲んでいるかのどれかです。体重もどんどん増えているのに職場の定期健診の結果は封を開けた形跡もありませんでした。家族にとっても大事な自分の体を気遣う姿勢がまるでないのです」

いくら口頭で頼んでも、なかなか伝わらないと思った美穂さんは、便箋3枚の直筆の手紙で思いを伝えることにした。

No image

〔PHOTO〕iStock

しかし、覚悟をして書いたこの手紙も他の書類と無造作に一緒にされ、開封されることすらなかったという。

「この人を優しい人だと思って結婚したのは間違いだったとつくづく思いました。むしろ、自分にとって不都合な話にはとことん耳を塞ぐ利己的な人でした。話し合いを避ける気質を優しいと独身時代の私は勘違いしてしまったんですね」

そんな折、悪いことは重なるもので、職場での環境の変化が美穂さんに追い討ちをかけた。

【後編】「38歳の妻は怒り狂った…年収600万のモラハラ夫の母親から来た「ヤバい手紙」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加