【日本代表】鎌田大地VAR先制ゴール 米国戦前半25分、1度はオフサイド判定も

【日本代表】鎌田大地VAR先制ゴール 米国戦前半25分、1度はオフサイド判定も

  • 日刊スポーツ(サッカー)
  • 更新日:2022/09/24
No image

日本対米国 前半、先制ゴールを決め、喜ぶ鎌田(撮影・パオロ ヌッチ)

〈国際親善試合・キリンチャレンジ杯:日本-米国〉23日◇ドイツ・デュッセルドルフ

11月開幕のワールドカップ(W杯)カタール大会に向け、最後の活動となる日本のドイツ遠征の1試合目、米国との国際親善試合が始まった。

日本は前半25分にMF鎌田大地が蹴り込んでネットを揺らした。しかし、1度はオフサイドの判定。ここから、ビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)によって、ゴールが認められ、先制した。

森保ジャパンは先制すると負けない。この試合の前まで、先制した試合は36勝3分けの39戦無敗。他に0-0が3試合ある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加