「冷静に見なければならない」SDがバルサ行き噂されるネイマールの将来に触れる

「冷静に見なければならない」SDがバルサ行き噂されるネイマールの将来に触れる

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2021/05/03
No image

将来不透明のネイマール

ネイマールのパリ・サンジェルマン(PSG)での将来は、日に日に複雑化し続けている。このブラジル人ストライカーは、いまだに契約更新にサインしておらず、パリ側は神経質になり始めている。

ハーランドよりもネイマール バルサが復帰に向けてPSGに接触

2日(日)の午後、『El Chiringuito』のカメラに向かって、PSGのスポーツディレクター(SD)、レオナルドは口を開いたようだ。このブラジル人SDは、シウタ・エスポルティーバ・ヨハン・クライフで行われた女子チャンピオンズリーグのFCバルセロナ対PSGを観戦し、その後、エル・プラット空港では、この夏のバルサの目標であるネイマールの状況について簡単に話した。

「今日は女子チームを見に来たが、残念ながら負けてしまった」とレオナルドは最初に主張し、ネイマール、レオ・メッシ、キリアン・エムバペについての質問をかわした。しかし、その後、ネイマールが契約更新するかどうかを尋ねられたフランスのクラブのSDは、非常に慎重な態度をとった。「すべてを冷静に見なければならない」と、パリでのネイマールの継続性を保証するために、これ以上の広まることを望まずに言った。

すでにカメラから遠ざかっていたレオナルドは、エムバペがPSGに残留するのか、それともレアル・マドリーに移籍するのかについての回答を避けていた。

なお、バルサは、ネイマールが契約更新にサインしない限り、今夏の優先的なターゲットであることをネイマールに伝えていることを忘れてはならない。彼は現在、契約を延長しないことで合意しており、バルサへの復帰は日に日に現実味を帯びてきている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加