NZ総選挙、アーダーン首相の労働党圧勝 野党党首が敗北宣言

NZ総選挙、アーダーン首相の労働党圧勝 野党党首が敗北宣言

  • AFPBB News
  • 更新日:2020/10/17
No image

ニュージーランドの総選挙で圧勝し、オークランドで行われた労働党の祝賀会で演説するジャシンダ・アーダーン首相(2020年10月17日撮影)。

【AFP=時事】ニュージーランドで17日、総選挙が実施され、ジャシンダ・アーダーン首相率いる労働党が圧勝し、野党・国民党のジュディス・コリンズ党首は敗北を宣言した。

コリンズ氏はテレビ中継された演説で、「先ほど本人に電話したが、ジャシンダ・アーダーン首相に祝意を表したい。労働党は見事な結果を出したと思う」と述べた。

3分の2の開票を終えた時点で、中道左派の労働党の得票率は49.2%。120議席中64議席前後を獲得するとみられている。一方、連立を組む緑の党は7.6%で、対する国民党は27%となっている。

ニュージーランドでは1996年に比例代表制が採用されて以降、圧倒的過半数で与党が誕生したことはなく、複数の政党による連立政権が続いている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加