光秀と信長の出会い「麒麟がくる」総集編あらすじ1

光秀と信長の出会い「麒麟がくる」総集編あらすじ1

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/22
No image

大河ドラマ「麒麟がくる」(C)NHK

最終回視聴率18・4%、全44話平均14・4%で放送を終えたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の総集編4章が、23日午後に一挙放送される。語りは、帰蝶役の女優川口春奈が担当。光秀(長谷川博己)と信長(染谷将太)の出会いから「本能寺の変」に至るまで、帰蝶の目線で振り返る。

第1章「美濃編」(23日午後1時5分~同2時)のあらすじは以下の通り。

美濃・明智荘の明智光秀(長谷川博己)は、新しい武器・鉄砲を手に入れるべく旅に出る。時の権力者・松永久秀(吉田鋼太郎)や京の名医・東庵(堺正章)、孤児の駒(門脇麦)との出会いを通して、光秀は初めて外の世界を知る。

一方、長年の宿敵・尾張の織田信秀(高橋克典)が、美濃の斎藤利政(道三、本木雅弘)に和議をもちかけてくる。条件は、織田家嫡男・信長(染谷将太)と帰蝶(川口春奈)の婚姻。この出来事をきっかけにして光秀は信長という不思議な男に出会い、お互いに強い関心をもつ。

しかし、美濃の国内で道三の嫡男・高政(伊藤英明)が道三に対して兵を挙げ、道三は「信長と共に大きな国を作れ」と光秀に言い残し、壮絶な討ち死にを果たすのだった。

▲総集編(総合、23日)の放送予定

第1章「美濃編」午後1時5分~同2時

第2章「上洛編」午後2時~同3時

第3章「新幕府編」午後3時5分~同4時20分

第4章「本能寺編」午後4時20分~同5時35分

※視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加