チェルシーがリーグ3連勝! OGとアブラハム弾でニューカッスル下す

チェルシーがリーグ3連勝! OGとアブラハム弾でニューカッスル下す

  • サッカーキング
  • 更新日:2020/11/22
No image

ニューカッスルとチェルシーが対戦した [写真]=Getty Images

プレミアリーグ第9節が21日に行われ、ニューカッスルとチェルシーが対戦した。

2連勝中のチェルシーは、ブラジル代表に参加していたチアゴ・シウヴァがコンディション不良でメンバー外。代わって、アントニオ・リュディガーが今季初先発を果たした。一方のニューカッスルは、ここまでチームトップの6得点を記録していたカラム・ウィルソンがハムストリングの問題で欠場し、ジョエリントンが4試合ぶりのスタメン出場となった。

9分、チェルシーに決定機。右サイドからハキム・ツィエクがインスイングのクロスを送ると、中でタミー・アブラハムが頭で合わせたが、相手GKカール・ダーロウに阻まれる。すると、この場面で獲得したコーナーキックから先制点が生まれる。キッカーのメイソン・マウントはショートコーナーのリターンを受けてグラウンダーの折り返しをゴール前に供給すると、ボールは相手DFフェデリコ・フェルナンデスに当たってゴールに吸い込まれた。F・フェルナンデスはチェルシーのベン・チルウェルに背中から押されたと主張したが、ゴールはそのまま認められた。

チェルシーは30分、高い位置でのボールカットから、こぼれ球に反応したマウントが縦パスを入れる。アブラハムの落としから抜け出したティモ・ヴェルナーがゴール左下隅に流し込もうとしたが、シュートは惜しくもゴールの左に外れた。前半はチェルシーの1点リードで折り返した。

ビハインドで折り返したニューカッスルは、前半から左足の違和感を訴えていたジャマール・ラッセルズがファビアン・シェアと交代し、後半頭から交代枠を一枚切ることになる。

その後、ニューカッスルがチェルシーのゴールを脅かす場面もあったが、同点に追いつくことはできない。そんななか、65分にアウェイチームがリードを広げる。ヴェルナーが自陣からファイナルサードまで、圧倒的な加速で相手3人を翻弄して単独で運び、最後は並走していたアブラハムにお膳立て。アブラハムはゴール右下隅に流し込み、公式戦3試合連続でゴールを記録した。

追いつきたいニューカッスルだが、72分にシーン・ロングスタッフが放ったミドルシュートはクロスバーに阻まれる。一方、3点目を奪いたいチェルシーは75分、ツィエフのスルーパスから抜け出したヴェルナーが相手GKをかわしてネットを揺らしたが、これはオフサイドでゴールが認められなかった。

試合はこのまま終了。勝利したチェルシーは3連勝で今季5勝目となり、試合終了時点で暫定ながら首位に浮上した。ニューカッスルは2連敗で今季4敗目となった。次節、ニューカッスルは27日にアウェイでクリスタル・パレスと、チェルシーは29日にホームでトッテナムと対戦する。

【スコア】
ニューカッスル 0-2 チェルシー

【得点者】
0-1 10分 オウンゴール/フェデリコ・フェルナンデス(チェルシー)
0-2 65分 タミー・アブラハム(チェルシー)

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加