25歳の貯金額はいったいどれくらい?!平均年収や無理なくできる貯金方法などをご紹介します!

25歳の貯金額はいったいどれくらい?!平均年収や無理なくできる貯金方法などをご紹介します!

  • ママテナ
  • 更新日:2022/06/23

25歳という20代半ばになり、転職や結婚などさまざま価値観が変わってきたと思います。今すぐ結婚や住宅購入!というわけではありませんが、『今後のために貯金はしといた方がいい…』と自分でも考えているけど、『なかなか貯金が出来ない…』と思う人は少なくありません。そもそも『同世代の人達はどのくらい貯金があるのだろう?』や『貯金額なんて気になるけど、なかなか聞けない…』と思っている人がほとんどです。

そこでこの記事では、20代の平均年収や平均貯金額、20代後半から増えるライフイベントや無理なくできる貯金方法などについてご紹介していきたいと思います。貯金はもしものケガや入院の時に役に立ち、あるに越したことないので、ぜひご覧ください。

25歳の貯金の前に…20代の平均年収をご紹介!

No image

25歳の貯金額の前に、まず20代の平均年収はどのくらいなのでしょうか。

国税庁が行った令和2年分民間給与実態統計調査結果(2021年9月)によると

平均年収は20〜24歳で260万円、25〜29歳で362万円でした。

男女別にすると

20〜24歳男性は277万円、女性は242万円

25〜29歳男性は393万円、女性は319万円でした。

令和元年分と比較すると

平均年収は20~24歳で264万円、25~29歳で369万円

男女別にすると

20~24歳男性が278万円、女性が248万円

25〜29歳男性が403万円、女性が328万円でした。

このことから毎年男性よりも女性は年収が少なく

また、令和元年分と比べて若干平均年収が下がっていることがわかりました。

【令和2年分(2021年9月)】

20~24歳:260万円 (男性 277万円  女性 242万円)

25~29歳:362万円 (男性 393万円  女性 319万円)

【令和元年分(2020年9月)】

20~24歳:264万円 (男性 278万円  女性 248万円)

25~29歳:369万円 (男性 403万円  女性 328万円)

参考*令和2年分民間給与実態統計調査結果(国税庁)

https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2020/pdf/000.pdf

25歳の貯金額

No image

20代の平均貯金額は113万円

20代の平均貯金額を見ていきましょう。

金融広報中央委員会が令和2年に出した家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]によると、20代の金融資産保有額は平均113万円でした。その内、預貯金額は77万円でした。

先ほどの20〜24歳の平均年収が260万円、25〜29歳の平均年収が362万円でしたので、20代の平均貯金額の113万円は多いと感じるかもしれません。

収入によって異なる

次に年収別の貯金額を見ていきましょう。金融広報中央委員会が令和2年に出した20代の貯蓄額を年収別に見ると、以下のとおりです。

年収
平均値

年収なし
9万円

300万円未満
76万円

300~500万円未満
164万円

500~750万円未満
424万円

参考*2020年 家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](金融広報中央委員会)

https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/yoron/tanshin/2020/20crosst001.html

この表を見ると、年収によって貯金額が大きく異なり、比例関係にあることがわかりました。

mamatenna

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加