なに贈る?お歳暮商戦始まる 巣ごもり需要根強く 売上は堅調

なに贈る?お歳暮商戦始まる 巣ごもり需要根強く 売上は堅調

  • MBCニュース
  • 更新日:2021/11/25

今年もいよいよ年の瀬が近づいてきました。鹿児島市の山形屋で25日、お歳暮のギフトセンターがオープンしました。今年の傾向など取材しました。

さつま揚げに、焼き豚、こちらは焼酎のセット。鹿児島ならではの味がずらりと並ぶのは、25日にオープンした、鹿児島市山形屋の大ギフトセンターです。食品をメインにおよそ1350点が販売されていて、今年も、定番の「ふるさとの味」が人気を集めています。

人気の価格帯は3000円から5000円。定番のものだけでなく、百貨店らしさを出した限定商品も並びます。

(記者)「一方こちらは、鍋料理のコーナーです。老舗料亭などの鍋料理をお取り寄せできるというものなんですが、コロナ禍での巣ごもり需要、こうした商品のニーズはまだまだ高いということです」

こちらは全国の名店の鍋料理が産地直送で届く、お取り寄せギフトです。さらにこちらは、コロナ禍のホームパーティーを意識し、4種類の料理がセットになった商品。新型コロナは現在、落ち着いているものの、去年に引き続き巣ごもり需要はまだまだ根強く、自分用や家族用に購入する人が多いといいます。

コロナ禍で厳しい状況が続く百貨店業界ですが、山形屋では、去年のお歳暮の売り上げは前年比99.5%、今年のお中元の売り上げは前年比100.6%と、ギフトの売り上げは堅調に推移。今年のお歳暮は、前年比101%を目標に掲げています。

山形屋の大ギフトセンターは来月25日まで開設され、電話やFAX、インターネットでも注文を受け付けています。

No image

なに贈る?お歳暮商戦始まる 巣ごもり需要根強く 売上は堅調

ここをクリックすると元記事で動画を再生できます。

MBC南日本放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加