「神様のカルテ」福士蒼汰主演でドラマ化!初の医師役に挑む

「神様のカルテ」福士蒼汰主演でドラマ化!初の医師役に挑む

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2020/10/17
No image

ドラマ「神様のカルテ」で福士蒼汰がテレ東ドラマ初主演!

シリーズ累計330万部を記録するベストセラー小説「神様のカルテ」が福士蒼汰主演で初めてドラマ化されることが明らかになった。テレビ東京系にて2021年1月クールでの放送を予定しており、各話2時間で4話構成のスペシャルドラマとなる。

現役医師である夏川草介が手掛けた小説「神様のカルテ」シリーズは、患者を救うことと正面から向き合う1人の若き医師の苦悩と成長を描いた物語。2011年、2014年には映画化もされており、櫻井翔宮崎あおいが夫婦役で共演を果たした。今回の新ドラマでは「神様のカルテ」「神様のカルテ2」「神様のカルテ3」「新章 神様のカルテ」の長編4作を原作に新たな物語が展開する。

「24時間、365日対応」の病院で働く主人公の栗原一止(いちと)を演じる福士は、今回がテレビ東京ドラマへの初出演にして初主演。信州の一地方都市である松本で、患者や恩師との別れ、地方医療の現実を経験しながら「良い医者とは何か?」を追い求める一見風変わりな心優しい内科医を演じる。現在放送中のドラマ「DIVER-特殊潜入班-」でのダークな役どころも話題の福士が初めて医師役に挑むとあり、今から期待が高まる。

福士は「過去に映画化もされたことがあるとても人気の原作ですし、僕自身もいつか医者という役に向き合ってみたいと思っていましたので、お話をいただいた時とても嬉しかったです。専門的な職業ならではの難しさは計り知れませんが、医療についての知識や心構えなど追求していきたいと思います」と意気込みをコメントしている。

なお、妻のハルなどの主人公を取り巻くキャラクターを演じるキャストについては今後発表される予定となっている。(編集部・大内啓輔)

主演・福士蒼汰(栗原一止役)コメント

──テレビ東京のドラマ初出演にして初主演となりますが、感想などお聞かせください。
初めてご一緒させていただけること、率直にとても嬉しいです。しかも、今回は2時間×4話という新しい形式での挑戦をさせていただけるとのことで、今からとても楽しみです。一話一話のボリューム感があるので、メッセージの詰まった作品にしていきたいです。

──「神様のカルテ」初ドラマ化となりますが、オファーを受けた時の感想をお聞かせください。
過去に映画化もされたことがあるとても人気の原作ですし、僕自身もいつか医者という役に向き合ってみたいと思っていましたので、お話をいただいた時とても嬉しかったです。専門的な職業ならではの難しさは計り知れませんが、医療についての知識や心構えなど追求していきたいと思います。

──原作・台本を読んだ感想をお聞かせください。
心がぎゅっと締め付けられるような、でもそんな縛りからそっと救ってくれるようなお話だと思いました。誰もが抱える悩みや不安を、周りの人間が優しく包み込んでくれる温かさを感じました。一止の仕事は病院の先生としてただ治療することではなく、どうしたら患者が人生に思い残すことなく最期の日を迎えることができるのかというような、ある意味道しるべの掲示なのかもしれないと思いました。一人では不安な、そのときに向かっていく中で、どのように辿り着くかは医師の導き次第なのかもしれません。演じるにあたり、そのような部分をしっかりと意識して取り組んで参りたいと思います。

──栗原一止という役を演じるにあたっての思い、意気込みをお聞かせください。
今回僕が演じる栗原一止は、夏目漱石を敬愛していて、その影響で古風な言葉遣いをします。そのうえ一止はかなりの捻くれ者なので、周りからは変人扱いされてしまうのですが、芯の部分にある優しさを僕はしっかり受け止めました。文学を愛する人はどこか自分の人生までもストーリーの一行一行のように捉えているように感じます。そんな彼の一行を確かなものにするために、心を込めて臨みたいと思います。

──視聴者のみなさんへメッセージをお願いいたします。
まるでノンフィクションのようにメッセージ性の強い作品だと思います。自分の大切な人をもっと大切にしたくなるような、温かい作品にしていきたいです。頑張って参りますので、ぜひ放送を楽しみにお待ちください。

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加