【日本ハム】根本悠楓は7回途中2失点で降板 好投も勝ち負け付かず

【日本ハム】根本悠楓は7回途中2失点で降板 好投も勝ち負け付かず

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/09/23
No image

◆楽天3―6日本ハム(23日・楽天生命パーク)

日本ハムの先発・根本悠楓投手は、6回1/3を6安打2失点で降板。好投も勝ち負けはつかなかった。

3回まではわずか1安打と安定した立ち上がり。しかし4回、先頭の茂木を四球で歩かせると、その茂木をけん制で誘い出したが、結果的に二塁がセーフとなり(記録は盗塁)、無死二塁とピンチを招く。ここで、浅村に変化球を中前にはじき返され先制を許した。

打線が6回に逆転に成功したが、7回先頭の辰己に右越え10号ソロを浴び同点。さらに鈴木大の右前打と、岡島の犠打で1死二塁となったところで降板となった。2番手・玉井が後続を何とか断ち、勝ち越しは許さなかった。

根本は「全体的にテンポ良く投げることができていましたが、ホームランを打たれた1球が悔やまれます。リードを保った状態でマウンドを降りることができず、悔しい気持ちです」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加