名古屋は今季7度目のクリーンシートも...一人少ない湘南を攻めきれずスコアレスドロー

名古屋は今季7度目のクリーンシートも...一人少ない湘南を攻めきれずスコアレスドロー

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/04/07
No image

1点が遠かった名古屋。粘る湘南を崩し切れず、FC東京戦から2戦続けてノーゴールに終わる。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

J1リーグは4月7日、各地で第8節の9試合を開催した。レモンガススタジアム平塚で行なわれた湘南ベルマーレと名古屋グランパスの一戦は、0-0の引き分けに終わった。

前節のFC東京戦で開幕からの連勝が6でストップ。だがフィッカデンティ監督も「なにか特別に喝を入れるような試合でもなかった」と語る通り、いまだ無敗で失点も開幕戦でのオウンゴールのみと鉄壁を誇る名古屋は、湘南のホームに乗り込んだ。

スタメンは前節から4人を変更。ボランチの一角を長澤和輝に変更し、稲垣祥とコンビを組む。右SBに成瀬竣平を起用、1トップに山﨑凌吾、2列目にマテウス、柿谷曜一朗、相馬勇紀というラインナップになった。

ここ3試合負け無し(1勝2分)で調子を上げているホームの湘南は前節からの変更はなし。

試合は6分、名古屋がビッグチャンスを迎える。左サイドを突破した相馬がGKと1対1を迎えるが、GK谷晃生の好セーブにあい得点ならず。23分にはマテウスが無回転気味のミドルシュートを放つなど、堅い守備から素早い攻撃を仕掛ける。

一方の湘南も28分、山田直輝が相手ボールを中盤でひっかけ、カウンターを発動。左サイドの高橋諒から名古新太郎と繋がり、最後はGKと1対1になった町野修斗がシュートを放つもポストの右に外れてしまう。
前線からのプレスでショートカウンターを仕掛け相手ゴールに迫る湘南だったが、40分に三幸秀稔の柿谷へのタックルが警告に。さらに43分、中盤で入れ替わられた稲垣を三幸が倒してしまい、この日2枚目のイエローカードで退場となってしまう。

ひとり少なくなった湘南を攻め立てる名古屋は、マテウス、成瀬に代えて前田直輝、宮原和也を投入。しかし、粘る湘南を崩し切れず、ノーゴールのままタイムアップを迎えた。

この結果、それぞれ1ポイントを積み上げ、湘南は勝点6、名古屋は同20に。

4月11日の次節、名古屋は大分トリニータ、湘南はサンフレッチェ広島とそれぞれ敵地で対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加