DeNA連勝3で止まる 大貫初回4失点 ソト&佐野弾で大野雄撃ち届かず

DeNA連勝3で止まる 大貫初回4失点 ソト&佐野弾で大野雄撃ち届かず

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/04
No image

中日対DeNA 1回裏、登板するDeNA先発の大貫(撮影・森本幸一)

<中日8-4DeNA>◇4日◇バンテリンドーム

DeNAの連勝が3で止まった。先発の大貫晋一投手が1回に高橋周と阿部に2点適時打を打たれて4失点。3回には根尾にプロ1号の満塁本塁打を浴びた。「立ち上がりは特に慎重になりすぎてしまい、窮屈な投球になってしまいました。このような投球をしてしまいチームに申し訳ないです」と話した。

打線は3回にソトが3号3ラン、6回に佐野恵太が2試合連続となる4号ソロを放った。昨年の沢村賞左腕、大野雄から4点を奪った。

▽DeNA佐野(2試合連続の4号ソロ)「自分のスイングをしようと集中して打席に入りました。良い形で捉えることができて良かったです」

▽DeNAソト(5試合ぶりの3号3ラン)「チョースゴイ!! 打ったのはフォークだと思う。ストライクゾーンに来たら自分のスイングをしようと思っていました。良い感触で打つことができた」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加