プレミアの歴史上「最も偉大だったスペイン人」TOP5

プレミアの歴史上「最も偉大だったスペイン人」TOP5

  • Qoly
  • 更新日:2022/01/16
No image

いうまでもなく、スペインは素晴らしいサッカー選手を生み出すことにかけては素晴らしい力を発揮している国だ。

そして、その恩恵を受けてきたのがプレミアリーグ。大きな資金力を武器に多くのタレントを引き入れ、発展を成功させてきた。

今回は『Sportskeeda』から「プレミアリーグの歴史上最も偉大だったスペイン人選手」をご紹介する。

5位:セサル・アスピリクエタ

No image

クラブ:チェルシー

アスピリクエタは正真正銘チェルシーのレジェンドである。2012年にマルセイユから獲得されてからのすべてが歴史だ。非常に一貫したパフォーマンスを続け、現代のディフェンダーの定義を書き直した。

この10年間チェルシーで大成功を収めており、キャリアの中で全くゴールに繋がるミスを犯していないことでも知られている。チェルシーでは多くのトロフィーを獲得し、キャプテンとしても多くの指揮官に信頼された。

4位:ダビド・デ・ヘア

No image

クラブ:マンチェスター・ユナイテッド

プレミアリーグの歴史上、最も優れたゴールキーパーの1人である。2011年にアトレティコ・マドリーからマンチェスター・ユナイテッドに加入し、それからほぼ継続してレギュラーを守り続けている。

当初はやや苦しんだものの、馴染んでからは何度もクラブの年間MVPに輝いた。圧倒的な反射神経を生かしたシュートストップはまさに神がかり的で、昨年はリーグ通算無失点記録を200試合にまで伸ばしている。

3位:フアン・マタ

No image

クラブ:チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド

フアン・マタはこの世代で最も技術的に優れた選手の1人だ。チェルシー、そしてマンチェスター・ユナイテッドでプレーし、多くのタイトルを経験してきた。

優れたプレーメーカーであり、狭いスペースで見事なスキルを発揮できる。彼のテクニックはワールドクラスであり、自分でゴールを決めることも、アシストを提供することもできる。またピッチ外での振る舞いも素晴らしいの一言であった。

2位:セスク・ファブレガス

No image

クラブ:アーセナル、チェルシー

セスクはプレミアリーグでこそ輝いたスターだった。アーセン・ヴェンゲル監督の下、アーセナルで若くしてデビューを果たし、すぐにパトリック・ヴィエラの穴を埋める存在に。クラブの歴史上最年少出場、最年少ゴール、最年少キャプテンになった。

少年時代に所属していたバルセロナでの活躍を夢見てスペインへと渡ったものの、結局彼はプレミアへ戻ってきた。2014年にチェルシーと契約し、その5年間で大きな成功を収めている。

1位:ダビド・シルバ

No image

クラブ:マンチェスター・シティ

ダビド・シルバこそ、プレミアリーグの歴史上最も優れたスペイン人選手であった。2010年にマンチェスター・シティへと加入し、チームをワールドクラスのユニットへと変えた。

【写真】「2021年、最高のアルゼンチン人選手」TOP5

ユニークなスタイルでジョゼップ・グアルディオラ監督の戦術を機能させる核となり、10年間で多くのタイトルに貢献。他クラブのファンにも愛されたアーティストは、2020年に惜しまれながらレアル・ソシエダへと去っていった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加