紅白歌合戦“ジャニーズ枠”は2組!? NHKも頭を抱える性加害問題の重み

紅白歌合戦“ジャニーズ枠”は2組!? NHKも頭を抱える性加害問題の重み

  • 週刊実話Web
  • 更新日:2023/09/19
No image

ジャニーズ事務所 (C)週刊実話Web

9月7日にジャニーズ事務所が性加害問題に関する記者会見を行ったことで、テレビ業界は大きな転換期を迎えた。

これまで、性加害問題に知らんぷりを決め込んでいた各テレビ局は、一斉にトップニュースとしてジャニー喜多川氏の悪行を報道した。

【関連】ジャニーズCMが続々終了へ…慰謝料だけでは済まない“終わりのはじまり”会見での違和感ほか

そんな中で、大きく注目されているのが、毎年大みそかに放送されているNHKの『紅白歌合戦』だ。例年、ジャニーズグループが5~6組出場し、〝ジャニーズ〟枠があると言われ続けてきた。

しかし、今年はジャニーズグループの出場が激減するだろうとテレビ関係者の間で予測されている。

「9月中に司会者が決まり、10月には大枠の出場者が決定するのがいつもの流れ。今回は、ジャニーズ事務所の会見を受けて、ジャニーズは2枠が限界だろうとNHKではいわれているようです。まったく出場させないとなるとジャニーズファンからバッシングが出ますし、多すぎてもクレーム対象。そこで、CDの売り上げなどが好調な2組で最終調整しようとしているみたいですね」(民放関係者)

NHKがどうしても出演させたいのは…

とはいえ、ヒット曲も多いジャニーズグループだけに、選考はかなり難しくなりそうだという。

「音楽業界全体を見ても、King & Prince、Snow Manのほか、SixTONESやなにわ男子もCDの売り上げで上位にきます。本来ならばこの4組は確定なのですが、NHKの幹部からは多すぎるという声があるとか。というのも、実は司会者に嵐の櫻井翔をキャスティングするという話が出ています。そうなると、自ずと出場歌手を減らすしかない」(スポーツ紙記者)

性加害問題であまり報じられなくなったが、嵐は今年の11月にデビュー25年目を迎える。視聴率のことを考えると、ジャニーズバッシングがある中でも、嵐メンバーの起用はどうしても実現させたい。

「昨年同様、また櫻井を司会の一人にして、これまでの嵐の歴史を振り返る企画を予定しているとか。松本潤が大河ドラマ『どうする家康』で主演を務めていますし、彼にも再度出演してもらい、嵐の疑似的な復活を演出したいんでしょう。しかし、あまりにも騒動が大きくなったことで、本当にそんなお祭り企画をやって良いのか、NHK内部で再度議論されているらしいです」(同・関係者)

民放各局が早々にジャニーズタレントの今後の継続的な起用を表明する中、国民の受信料で成り立っているNHKは、視聴者からの批判も気になるだろう。どうするNHK、といったところか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加