【オールカマー/データ攻略-後編】想定10人気前後に馬券内率“8割”超え 「馬場適性も文句なし」

【オールカマー/データ攻略-後編】想定10人気前後に馬券内率“8割”超え 「馬場適性も文句なし」

  • SPREAD
  • 更新日:2022/09/24
No image

前編ではデアリングタクトとソーヴァリアントのデータについて取り上げたが、後編でデータ面から上位進出の可能性を秘めた穴馬候補2頭を取り上げたい。

◆【オールカマー2022予想/データ攻略-前編】驚異の「100%」が後押し 有力馬にデータ面の死角なし

■データが導く2022オールカマーの穴馬候補は

<穴候補1 キングオブドラゴン>

重賞を使われた近2戦は6.5着。クラスの壁に阻まれる現状から厳しい印象を受けてしまうが、今回は2200mの距離替わりが後押ししそうだ。

・芝2200mの成績【1.4.1.2】

馬券内率に換算すると75.0%。今年の1・3月には中山芝2200mで連続好走をはたしており、舞台適性には目を見張るものがある。距離の壁に泣いた2走前、瞬発力勝負に屈した前走を経て臨む得意舞台、大幅な変わり身を警戒すべきだ。

<穴候補2 フライライクバード>

前走目黒記念は9着。重賞の壁に跳ね返さている現状を見るより今年のメンバーでは苦戦を強いられそうだが、クラスの壁を越える可能性を秘めた以下データをご紹介したい。

・中2カ月以上の休み明け成績【3.2.1.1】

こちらは馬券内率85.7%。一昨年、そして昨年と上記ローテで参戦した9月中京のレースでともに連対圏を確保していた。9月中京といえば、9月中山と同じオール野芝で施行される時期。馬場適性もまた見逃せないファクターだ。

◆【オールカマー2022予想/追い切り診断】デアリングタクトを上回る最高評価「S」 絶好の調教内容で「明らかに前走時以上」

◆【オールカマー2022予想/追い切り診断】重賞未勝利の中穴候補を「A」評価 「気迫とラストの鋭さは素晴らしい」

◆【オールカマー2022予想/血統傾向】注目は復活の兆しを見せた前走3着馬 レース相性抜群な単回収値「260」の配合

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022オールカマー-全頭分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。

SPREAD

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加