【日本シリーズ】明暗を分けている2つのカギを元SB・攝津氏が語る

【日本シリーズ】明暗を分けている2つのカギを元SB・攝津氏が語る

  • ココカラネクスト
  • 更新日:2021/11/25
No image

今年の日本シリーズも、いよいよ大詰めを迎えた。

24日に行われた第4戦、ヤクルトが2-1の接戦を制し、20年ぶりの日本一へ王手をかけた。

ここまで4戦を、元ソフトバンクで沢村賞投手の攝津正氏が自身のYouTubeチャンネル「攝津正 SETTSU#50」内で振り返った。

【動画】ヤクルト半端ないって!日本シリーズ第4戦目までを攝津正が振り返る!
・今すぐ読みたい→
奥川&高橋は6,7戦目で使えない!?強行かリスク回避か 橋上秀樹氏が語る今後の日本シリーズの展望とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hidekihashigami-2021-japan-series-02/

第1戦、9回に一挙3点を許して逆転負けを喫したものの、そこから3連勝と勢いに乗ったヤクルト。

開口一番、「ヤクルトめっちゃ強いっす。2戦目までみた瞬間、『あ、これ多分勝つな』って思いました。2戦目の高橋ですよね。あそこで一気に勢いに乗った感じがします」と、勢いそのままにヤクルト日本一に輝くと予想。

そんな攝津氏は、ここまでの戦いぶりを振り返り、2つのポイントを挙げた。

まず1つ目は、両チームの「投手陣」だ。

「やはり中継ぎですよね。石山、清水、マクガフ。ヤクルトは後ろが安定している。7.8.9回を計算できますからね。
オリックスは昨日(24日)も完全に継投失敗しましたもんね。一番後ろが平野なので、そこまでなんとか繋がないと。それを踏まえても、後ろ3人が安定しているヤクルトは強いのかなって思いますね」

ヤクルトは1戦目こそマクガフが打たれ勝利を逃したものの、3,4戦目は石山、清水、マクガフら「勝利の方程式」が安定した投球を見せた。一方でオリックスは2戦目でバルガスが決勝点を許すと、3,4戦目も相次いで中継ぎ陣が失点し、連敗を喫してしまった。

No image

そしてもう1点、攝津氏が着目したのが、「エラー」だ。

「目に見えるもの、見えないもの含めお互いにちょこちょこエラーが目立ちますね。両チームとも大舞台に慣れていないのもあると思いますけど、基本ミスをしたら負ける確率は高くなるんでね」

その言葉通り、1戦目から4戦目まで、記録に残るエラーだけでも両チーム合わせて計6個。毎試合どちらかに失策が記録されており、そのほとんどが点数に結びついている。

「ただ、勝つチームはエラーをした中で、しっかり点を取れるかどうか。ミスをしても誰かがカバーして点数をとるとか、そういったところが重要になってくるんじゃないですかね」

短期決戦を戦う上で、一気に流れが変わるミスは禁物。

運命の第5戦、王手をかけるヤクルトは原が、後がないオリックスは山﨑福がマウンドへ上がる見込みだ。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

CocoKARA next

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加