ソフトバンク・千賀 不調でも7回無失点「菅野さんを見て力んだ」日本S3勝目

ソフトバンク・千賀 不調でも7回無失点「菅野さんを見て力んだ」日本S3勝目

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/22
No image

2回、先制2ランを放った栗原(31)を笑顔で迎える千賀(中央)=撮影・高石航平

「日本シリーズ・第1戦、巨人1-5ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪)

ソフトバンクが巨人に快勝し、日本シリーズ新記録となる9連勝をマークした。投げては先発・千賀が7回3安打無失点の力投で自身日本シリーズ3勝目を挙げた。

エース対決を制しての先勝。千賀は自身の内容に「菅野さんを見てちょっと力んだという部分はありましたが、何とか何とか。調子自体はそんなに良くなかったが、何とか投げ切れた感じです」と振り返った。

四回は連続四球で無死一、二塁としたが、丸を併殺に仕留めてピンチを脱出した。降板後はベンチで工藤監督と話し合う姿もあったが「今日は戻らずに終わってしまった。(丸の併殺は)大きかったですが、たまたまです。うまいこと、何とか守ってくれて、リードしてくれた」と、仲間に感謝した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加