阪神・高寺 うれしいプロ初安打が貴重な適時打! 広島2番手・遠藤から右翼線へ二塁打放つ

阪神・高寺 うれしいプロ初安打が貴重な適時打! 広島2番手・遠藤から右翼線へ二塁打放つ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/24

◇セ・リーグ 阪神―広島(2022年9月23日 マツダ)

No image

<広・神>4回1死一塁、高寺はプロ初安打となる適時二塁打を放つ(撮影・大森 寛明)

阪神の高卒2年目・高寺がプロ初安打をタイムリーで記録した。「8番・二塁」で昇格即先発し、4回1死一塁で迎えた第2打席に広島2番手・遠藤から右翼線への二塁打を放ち、一走を一気に本塁まで生還させた。

高寺は長野県・上田西高から20年ドラフト7位で阪神に入団。高卒2年目の今季6月8日にプロ初昇格を果たして4試合に出場も、プロ初安打は出ずに同12日に登録を抹消されていた。この日プロ2度目の昇格を果たし、即先発の機会で早速期待に応えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加