照ノ富士が初日、朝乃山を上手投げ「特に何も」淡々

照ノ富士が初日、朝乃山を上手投げ「特に何も」淡々

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/15
No image

照ノ富士は朝乃山(左)を上手投げで破り初日を出した(撮影・小沢裕)

<大相撲秋場所>◇3日日◇15日◇東京・両国国技館

7月場所で復活優勝を遂げた東前頭筆頭の照ノ富士(28=伊勢ヶ浜)が、大関朝乃山(高砂)を上手投げで今場所の初日を飾った。

「右四つでくると思ったら、もろ差しになられたんでちょっとあせりました」。大関の流れで追い詰められた土俵際で左上手をつかむと、攻め返して最後は上手投げを決めた。

優勝を争った先場所も完勝した相手。2連敗後の初白星となったが「特に何も。昨日の相撲は終わってるから。1日1番、自分のできることを思い切ってやりたい」と淡々と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加