コロナ禍の東京を捉えた小田駿一の写真集

コロナ禍の東京を捉えた小田駿一の写真集

  • numero.jp
  • 更新日:2020/10/16

新型コロナウイルスの蔓延によって、営業自粛を余儀なくされた東京の飲食店を支援するプロジェクト「Night Order Project」。写真家・小田駿一によって今年4〜5月にかけて実施された本プロジェクトでは、クラウドファンディングサイトにて飲食回数券などを販売することで資金調達が行われた。この時販売された、緊急事態宣言下の東京を撮影した写真集『Night Order』の一般発売が10月1日(木)より開始。本写真集は2つのアプローチで制作され、淡々と現実を捉えた記録写真と、ネオンや照明が印象的な抽象写真で構成されている。

No image
No image

写真集を残すことによって、未来への警鐘としての役割と、後代への一助になれば、という想いがあったという小田。「10年後も20年後も語り継がれる写真集であってほしい」というコンセプトのもと、一点一点異なる風合いを持つ表紙に仕上げられた。また、写真集の背はスケルトン素材に銀箔を貼ることで樹皮のようなニュアンスを出した世界で初めての仕様に。500部あるエディションのうち300部がクラウドファンディングで販売され、このたびの一般発売では200部が限定発売となる。本書のアートディレクションは、CATTLEYA TOKYOの塩内浩二が担当。

後世に残したい一冊。ぜひお手にとってみてはいかが。

※掲載情報は10月14日時点のものです。
開館日や時間など最新情報は公式サイトをチェックしてください。

写真集『Night Order』
発売日/2020年10月1日(木)
価格/¥8,800(税込)
サイズ/A4
ページ数/128P
販売/特設サイトstore.night-order.com/、小宮山書店、青山ブックセンター、文喫、二手舎、百年、タコシェなど(特設サイト以外の店舗では10月中旬〜取り扱い)

manamiabe

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加