2分ほど流れたお昼のニュース。それは弟の死を伝えるものでした/16歳で帰らなくなった弟

2分ほど流れたお昼のニュース。それは弟の死を伝えるものでした/16歳で帰らなくなった弟

  • レタスクラブ
  • 更新日:2022/08/07
No image

わたしの弟 / (C)きむらかずよ/KADOKAWA

バイク事故で身元不明のまま亡くなった16歳の弟。遺族を嵐のように襲う噂や苦しみ、そして後悔とは

ある日突然訪れる身内の死。家族との何気ない毎日は、突然なくなるものなのかもしれない…。

当たり前が当たり前じゃないということを考えさせられる、『16歳で帰らなくなった弟』。

職人気質でお酒を飲むと財布のヒモがゆるくなる父、肝が据わっていてよその子でも平気でしかり飛ばす母、思春期をこじらせて素直になれない姉、そして自由奔放でヤンチャだけど誰からも好かれた弟。どこにでもあるような家族の風景が、警察からの一本の電話によって一瞬にしてもろく崩れ去ることに…。

肉親を突然失ったある家族が、再び歩き出せるようになるまでの道のりをお送りします。

※本記事はきむらかずよ著の書籍『16歳で帰らなくなった弟』から一部抜粋・編集しました

No image

お昼に流れた短いニュース / (C)きむらかずよ/KADOKAWA

No image

何かできたんじゃないのか / (C)きむらかずよ/KADOKAWA

No image

当たり前にあった日常が… / (C)きむらかずよ/KADOKAWA

No image

もうこれより下に落ちることはない / (C)きむらかずよ/KADOKAWA

No image

一人で生きてるんじゃない / (C)きむらかずよ/KADOKAWA

No image

17歳の夏のわたしのことを / (C)きむらかずよ/KADOKAWA

著=きむらかずよ/『16歳で帰らなくなった弟』(KADOKAWA)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加