佐藤昭裕院長 コロナ感染 家庭内での飲食にも警鐘「1人が陽性者だったら」

佐藤昭裕院長 コロナ感染 家庭内での飲食にも警鐘「1人が陽性者だったら」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/01/13

日本感染症学会専門医のKARADA内科クリニック五反田・佐藤昭裕院長が13日、日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。急速な新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることに言及した。

No image

日本テレビ社屋

国内では12日に新たに4539人の新型コロナウイルス感染者が確認された。東京970人、神奈川906人、千葉415人など。徳島、佐賀は過去最多を更新した。厚生労働省によると、重症者は前日から17人増え、881人で最多を更新した。死者は大阪10人、愛知と兵庫で各9人など計64人。

佐藤氏は「今、実際に診療をしていて要請になる方というのは年末年始にご家族で集まられたとか、外食はしていないんだけれども家で食事をしたりとか親類で集まりそのうちの1人が陽性者だったらだとか、そういうケースが増えている。飲食店のお客さんの数は減ってきているということもありますし、飲食店だけでなく飲食を伴う家庭内などでの数が増えてきている印象がある」と自身の診療を通して感じていることを話した。そして「これまで報道だったりでも、飲食店に行かないで下さい、外食控えて下さい、会食を控えましょうというメッセージだったんですけど、別に場所はどこであれマスクを外して食事して会話したらリスクは変わらないんですよね。西村大臣もおっしゃってましたけど、昼食、ランチでももちろんリスクはあるので、場所を変えるだけでは意味はないのでしっかり、マスクを外して大人数の食事をすることをやめないといけない」と自身の見解を述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加