阪神が六回に同点に追いつく 代打・陽川が2点二塁打

阪神が六回に同点に追いつく 代打・陽川が2点二塁打

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/05/04

(セ・リーグ、ヤクルト-阪神、6回戦、4日、神宮)阪神・陽川尚将内野手(29)が六回に同点に追いつく2点二塁打を放った。

「一昨日(2日)の試合ではスタメンで出させてもらいながら打つことができなかったので、なんとしても打つという気持ちで打席に入りました。みんなが必死でつないでくれましたし、初球から打ちにいくと決めていたので、結果につながってよかったです」

2-4の六回。2死から梅野が四球、D6位・中野(三菱自動車岡崎)が左前打を放ち、一、二塁としたところで、西勇に代打・陽川が告げられた。

田口の初球を捉えて左中間へはじき返した。一走の中野まで一気に生還。4-4の同点に追いついた。

No image

6回、2点適時二塁打を放つ阪神・陽川=神宮球場(撮影・宮沢宗士郎)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加