【荒木麻美のパリ生活】初詣代わりに! パリで光のインスタレーションを堪能

【荒木麻美のパリ生活】初詣代わりに! パリで光のインスタレーションを堪能

  • トラベル Watch
  • 更新日:2022/01/16
No image

2022年の年明けは、ラ・ヴィレット公園で光のインスタレーション「LUMIERES!(光!)」があったので駆け込みで見てきました。2021年12月2日からの1か月間、クリスマスシーズンに合わせて開催されたものですが、バタバタだったクリスマスが終わって一息つくまでは、イルミネーションを見るどころではなかったのです。

私がこのイルミネーションを見たかったのは、「GROUP F」のインスタレーションがあるとあったから。GROUP Fは世界を舞台に独創的で壮大かつ華麗な花火を打ち上げることで有名なチームなのですが、光を使ってどういう作品を作るのかな、と興味津々だったのです。

今回のインスタレーションは3部構成。1部がGROUP Fの作品「From the Light Flow(光の流れより)」です。ミュージシャンのスコット・ギボンズの静かな電子音楽が流れるなか、繊細な光に彩られた自然の風景に癒されます。

No image
No image
No image
No image
No image

1部の会場を出ると、2部は造形作家Lelia Demoisyの作品「Intimite(親密さ)」。円形の光の輪が、まるで木を温めるように囲んでいます。

No image
No image

ここを抜けると3部の会場である運河に到着。クリエイティブ・レーベル1024 architectureによる「Constellation(星座)」。ウルク運河の水面を光が躍っている様は、まるで星空を見ているよう。来ることができてよかった!

No image
No image

そしてこの後、光のインスタレーションに大満足したことで気分が盛り上がり、毎年恒例のシャンゼリゼやパリ市庁舎のイルミネーションなども堪能。フランス人にとって一番大事なイベントはクリスマスのため、お正月はちょっと寂しい気持ちになるのですが、今年は例年より楽しい年明けとなりました。

No image

シャンゼリゼ通り。今年も去年と同じ赤

No image

高級ブランドが立ち並ぶモンテーニュ通り

No image

高級ジュエリー・時計ブランドが集まるヴァンドーム広場

No image
No image

パリ市庁舎

No image

今年はボルダリングもありました

No image
No image

市庁舎の前には2024年のパリオリンピックをアピールする五輪マークが

荒木麻美

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加