【日本代表 スタメン予想】W杯コスタリカ戦、堂安の先発有力。冨安、酒井が不在の可能性、大胆ターンオーバーか!

【日本代表 スタメン予想】W杯コスタリカ戦、堂安の先発有力。冨安、酒井が不在の可能性、大胆ターンオーバーか!

  • サカノワ
  • 更新日:2022/11/27
No image

カタールW杯、コスタリカ戦での日本代表のスタメン予想。(C)SAKANOWA

山根、伊藤が初先発の可能性。森保監督は明らかに狙っているはず――。

[カタールW杯 E組 第2戦] 日本代表 – コスタリカ代表/2022年11月27日13:00(日本時間19:00)/アフメド・ビン=アリー・スタジアム

カタール・ワールドカップ(W杯)グループEの第2戦、日本代表が11月27日、コスタリカ代表と対戦する。FIFAランキングは日本24位、コスタリカ31位。第1戦は日本がドイツに2-1勝利、一方のコスタリカはスペインに0-7で敗れシュートを1本も打てなかった。

日本は第1戦で酒井宏樹、冨安健洋が大腿部を傷めて別メニュー調整に。このコスタリカ戦に間に合うとしても、スペイン戦、あるいはラウンド16に備えて起用しない可能性が高そう。

また前線をはじめ、森保一監督は一部ターンオーバーを検討している可能性が高い。ドイツ戦の消耗は凄まじかったに違いない。一方、9月の親善試合2連戦では、11人全員の入れ替えが実施されていて、指揮官がいかに戦力をフル活用するかに考えを巡らせているかが分かった。

グループステージ、さらに決勝トーナメント1回戦を突破するには、前回ロシア大会では第3戦のポーランド戦でそうしたように、どこかの試合である程度のターンオーバーが必要に。

そこで、第1戦は出場機会を得られなかった山根視来、伊藤輝輝には出番が来そう。また伊東純也の疲労は相当で、同点ゴールを決めた堂安律の初先発も有力視される。

上田綺世、相馬勇紀、南野拓実、さらには柴崎岳といった選手の抜擢も考えられる。鎌田大地のボランチ起用もあるか(ベンチスタートも!?)。

コスタリカはまず守備にテコ入れをしてくる。そこを突いて、立ち上がりからハイプレスをかけて畳みかけるのか、あるいは後半勝負も選択肢に入れて相手の出方を探るのか――。W杯アジア最終予選で採用された4-3-3でのスタートもあり得るか。

【注目記事】
【日本代表 採点・寸評】W杯ドイツ撃破、4人に最高点「5」! 計12選手が高評価。MOMはゴールをこじ開けた堂安律を選出

【カタールW杯】リュディガーの“欽ちゃんステップ”、挑発ではなく…本人が意図を明かす。浅野拓磨と並走、日本代表vsドイツ代表で物議に

【指導者の視点】布陣変更の「タイミング」が逆転を生む。結果論だが、修正が早かったら分からない│W杯 日本代表-ドイツ代表

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加