大阪ダービーは1-1ドロー決着!中島のゴールでセレッソ先制も、ガンバがパトリックのPKで追いつく!

大阪ダービーは1-1ドロー決着!中島のゴールでセレッソ先制も、ガンバがパトリックのPKで追いつく!

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/05/02
No image

伝統の大阪ダービーは1-1のドローで決着。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

J1リーグは5月2日に、第12節の3試合を各地で開催。ヤンマースタジアム長居ではセレッソ大阪対ガンバ大阪の一戦が行なわれ、1-1で引き分けに終わった。

5分、C大阪は大久保のシュートがゴールネットを揺らして先制かと思われたが、大久保がオフサイドの判定で得点にならず。9分にはセットプレーから大久保が決定的なシュートを放つも、これはG大阪GK東口の攻守に阻まれる。

立ち上がりはC大阪がゴールの匂いを感じさせる一方、G大阪はマイボールにすればテンポ良くパスをつなぎ、両サイドを上手く使いながら攻撃を繰り出す。14分、今度はG大阪がCKの流れから矢島が押し込んだが、オフサイドの判定でスコアボードは動かず。

21分にはC大阪にアクシデント。先発の大久保が左太腿を痛めてピッチを後にする。投入されたのはアダム・タガート。注目の新助っ人がJデビューを飾る。

25分にはG大阪にビッグチャンス。宇佐美のクロスを矢島が右足ダイレクトで合わせたが、C大阪GKキム・ジンヒョンのファインセーブの前にゴールを奪えない。

時間の経過とともに、ポゼッションに優れるG大阪が徐々にペースを握る展開に。だが、32分にG大阪にもアクシデント。小野瀬が右足首を痛めて途中交代し、代わりにチアゴ・アウベスが送り込まれる。

両者譲らぬ攻防を随所で繰り広げるなか、前半終了間際にC大阪がPKを奪取。豊川のクロスが相手選手の手に当たったシーンが、オンフィールドレビューの結果、ハンドの判定に。しかし、キッカー豊川のシュートはポストを叩き、C大阪は先制のチャンスをモノにできなかった。

スコアレスで迎えた後半、互いに攻撃の糸口を探りつつ、しかし思うようにフィニッシュの形に持ち込めず、相手ゴールをこじ開けられない。

両チームとも決め手を欠いたまま時計の針は進んでいたが、74分、ついに均衡が破れる。先制したのはC大阪。ペナルティエリア内のやや左寄りでキープした中島が右足を振り抜く。放たれたボールは相手に当たってコースが変わったが、そのままゴールイン。
ビハインドを背負ったG大阪だが、82分にPKを奪取。昌子のシュートが相手選手の腕に当たり、ハンドの判定に。キッカーのパトリックがこの絶好機を確実に仕留めて試合を振り出しに戻す。

その後はともにゴールが生まれず、伝統のダービーは1-1で決着。勝点1を分け合う結果となった。

次節の第13節は5月8日に開催。C大阪はアウェーで名古屋グランパスと、G大阪はホームで川崎フロンターレとそれぞれ対戦する。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【PHOTO】あなたはどのデザインが好み?2021年J1全20クラブのトレーニングウェアを一挙紹介!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加