正代が逆転の突き落としで3連勝、V争いへ意気込みも「気負わないように」

正代が逆転の突き落としで3連勝、V争いへ意気込みも「気負わないように」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/09/15
No image

隆の勝(手前)を突き落としで破る正代(撮影・江口和貴)

<大相撲秋場所>◇4日目◇15日◇東京・両国国技館

大関正代(29=時津風)が、西前頭筆頭隆の勝(26=常磐山)を突き落としで下して、2日目から3連勝とした。立ち合いでのど輪を受けて土俵際に後退したが、突き落としで逆転。「相手の圧力で押し込まれたのがよくなかった」と反省しつつも「押し込まれても何とか勝てているので体の動きはいいかな」と手応えも口にした。

昨年秋場所で初優勝を果たしてから1年がたった。かど番を経験しながらも大関を守っている状況に「1年たつのは早いなと。何とかやっていけているなと」と素直に話した。ただ、大関に求められるものは、やはり優勝争い。現状は1敗で横綱照ノ富士らを追いかける展開となっている。「最後までついていきたい。ただ、あまり気負わないようにもしたい」と正代らしい言い回しで意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加