阪神・井上 中堅守備の送球で魅せた

阪神・井上 中堅守備の送球で魅せた

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/23

◇みやざきフェニックスリーグ 阪神6―3巨人(2020年11月21日 清武第二)

No image

フェニックスL<巨・神>5回無死二塁、松井の中飛をさばき、三塁に送球してタッチアップを狙った二走・増田陸をアウトにする中堅手・井上(右)(左は右翼手・小野寺)(撮影・坂田 高浩)

阪神の井上広大外野手が送球で魅せた。「4番・中堅」で出場。5回無死二塁から松井の中飛をつかむと、タッチアップした二塁走者の増田陸をワンバウンド送球で三塁刺殺。「タッチアップに入っているのが見えたので、捕る前にこの距離なら、と決めていた。強いボールというよりかはちゃんとコースに投げようと思った」と振り返った。

打撃でも第5打席に中前打を放ち、この日は5打数1安打ながら4戦連続安打を記録。凡打でも左飛、中直など捉えた当たりが多く「感覚としては悪くない。いい形で打てている。残り試合も継続してやっていけるように」と2年目の飛躍への足がかりにする。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加