山梨・勝沼は連日の37°C超え 大阪は3日続けて猛暑日に

山梨・勝沼は連日の37°C超え 大阪は3日続けて猛暑日に

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2021/07/21
No image

2021/07/21 15:26 ウェザーニュース

今日21日(水)も広い範囲で夏空と厳しい暑さが続いています。高気圧の中心に近い本州の日本海側や内陸部を中心に特に気温が上がり、山梨県・勝沼は2日続けて37℃を上回りました。

山梨・勝沼は2日連続の全国トップ

猛暑が続く日本列島は今日も暑くなりました。15時20分までに全国で最も気温が高くなったのは山梨県甲州市・勝沼の37.7℃。昨日に続いての全国トップです。そのほかでは山形県山形市や福井県小浜市で36.9℃など日本海側で気温の上がった所が目立ちました。

大阪市は35.1℃で3日連続の猛暑日、東京都心は昨日とほぼ同じ33.6℃を観測しています。全国の真夏日地点は671、猛暑日地点は66と昨日に比べると減少しました。

ピーク過ぎても油断の出来ない暑さ

No image

22日(木)の天気と気温

明日22日(木)は高気圧の勢力が少し弱まる影響で、暑さも今日に比べるとわずかながら落ち着きます。特に海からの東風が吹き込んで雲が広がる東北の太平洋側は気温が上がらず、仙台市は真夏日にも届かない27℃の予想です。

同じ東北でも日本海側や内陸部は30℃を超える所が多く、関東から西では33℃以上が目立ちます。大阪市は35℃と4日連続の猛暑日予想となっています。

まだまだ熱中症の危険性が高い暑さです。少しずつ体が暑さに慣れてきた頃ではありますが、屋外での活動は無理をせず、できるだけの熱中症対策を行うようにしてください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加