高校屈指の本格派FW、阪南大高FW鈴木章斗の来季湘南入団が内定! 大迫を彷彿させる“半端ない男”の進化と全貌

高校屈指の本格派FW、阪南大高FW鈴木章斗の来季湘南入団が内定! 大迫を彷彿させる“半端ない男”の進化と全貌

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/07/22
No image

大迫勇也を憧れの存在に挙げた鈴木。写真:森田将義

No image

インターハイ予選でも貴重な得点を挙げた大活躍。本大会でもエースとしてチームを牽引する。写真:タムラフォト

No image

ダイナミックなプレーが身上の鈴木。いつくかの選択肢から湘南を選択した。写真提供:阪南大学高校サッカー部

J1の湘南ベルマーレは7月22日、阪南大学高校のFW鈴木章斗(3年)が2022年シーズンから加入すると発表した。東京五輪に挑むU-24日本代表MF遠藤航(シュツットガルト)を筆頭に、多くのタレントを育成してきた湘南にまた新たなブレイク候補が参入する。
【PHOTO】2021年の高校サッカー界を彩る主な注目株を写真でチェック!~関西編

ガンバ大阪ジュニアユース出身の鈴木は、前線でのキープ力と決定力に長けたストライカーで、今季のプリンスリーグ関西では9試合で6ゴール。4ゴールを奪ったインターハイ大阪予選では、2試合で決勝点を奪うなどストライカーとしての仕事を確実にこなせるのが強みだ。

今季は高校年代では手に負えないほどのプレーを見せているが、今後さらなる成長を期待できるのも魅力のひとつ。濱田豪監督は「ここから伸びる要素がまだある。FWは外国人選手との競争があるので難しくても、ゴール前に行くまでの繋ぎで嫌な選手になってくれるのではと期待しています」と口にする。

2021年度の高体連でNo.1クラスの活躍を見せる鈴木と湘南の出会いは、昨シーズンにまで遡る。すでに獲得が決まっていたMF平岡大陽をチェックするため、昨年度の選手権予選準決勝を訪れたスカウトの目に留まる。

今年5月に練習参加した際には高校年代とのプレースピードの違いに戸惑った。「動き出しのタイミングやシュートの部分を学んだ。高校年代とは違い、谷(晃生)さんなど日本代表クラスのキーパーがいるので、ゴールが小さく見えた」と振り返るが、持ち味であるキープ力は十分通用し、自信を得たという。FW石原直樹がシュートを打つ際のタイミングの外し方などを見て学べたことも大きく、6月に入ってからはJ2クラブの練習にも参加したが、「高いレベルで挑戦してみたかった」と湘南入りを決断した。
いまでは本格派のストライカーとして鳴らすが、中学時代は昨シーズンJ1デビューを果たしたMF中村仁郎(現G大阪ユース)らの陰に隠れて目立つ存在ではなかった。「ボールを失わない選手」と評価されていたが、当時は身体が小さかったこともあり、目立った結果が残せず。本人が希望する攻撃的なポジションではなく、サイドバックとしての起用も多かった。

転機を得たのは、高校に入ってから。抜群のキープ力と大人しい選手が多い阪南大高の選手とは違うギラギラとした性格を買われ、希望するサイドハーフでのプレー機会が増えた。昨年になってから身長が10センチ近く伸びたのも大きく、夏以降は逞しくなったフィジカルを最大限に活かすべく、FWに本格転向したのだ。 濱田監督がイメージしたのは、阪南大経由でチーム初のJリーガーとなったFW河田篤秀(大宮アルディージャ)だ。

「胸トラップできるのがFWの条件。河田にはよく長いボールを胸トラップしなさいと伝えていました。相手がパワフル系の選手ならファウルがもらえるし、来ないならひとりでも行ける。フィジカル系のFWには、ヘディングはもったいない。普通の選手では考えられないようなプレーをするのが、FWには必要」

これまでは足首の怪我を気にして、ジャンプに怖さを感じていた鈴木だが、全快してからは後方からのロングボールに対して、相手の頭ひとつ以上、上に飛んでヘディングではなく、胸トラップでコントロールできるようになった。相手が優位なルーズボールに力強いプレーでマイボールとし、シュートまで持っていける。
高1の時は、ボールを失わないプレーに惹かれて、バルセロナBに所属するMF安部裕葵の名前を理想に挙げていたが、いまは日本代表のFW大迫勇也(ブレーメン)が憧れの存在だ。そのプレースタイルからは同じ匂いを感じさせる部分があり、先達に続いてハンパないストライカーに大化けする可能性はあるだろう。

「行くからには開幕スタメンを目標に頑張っていきたい」とプロ1年目からの躍進を誓う一方で、いまは残りわずかとなった高校生活での活躍を目ざしている。ひとまずの目標は、8月に行われるインターハイだ。1年時のインターハイはメンバーから外れたため、スタンドから先輩たちのプレーを見守った。3回戦で富山一にPK戦の末に敗れ、「決めるべきところで決めていれば勝てた試合だった」と振り返る当時と、同じ轍を踏むわけにはいかない。

エースとして挑む今大会は、「FWとしては得点王。チームとしては、優勝を狙っている」と意気込む。

取材・文●森田将義

【PHOTO】堀北・ガッキー・川口春奈・広瀬姉妹! 初代から最新の本田望結まで「選手権・歴代応援マネージャー」を一挙公開!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加