叩いて鳴らして汗をかく!遊覧座が企業向けに「和太鼓体験ワークショップ」を提供

叩いて鳴らして汗をかく!遊覧座が企業向けに「和太鼓体験ワークショップ」を提供

  • STRAIGHT PRESS
  • 更新日:2022/05/14
No image

遊覧座(ゆうらんざ)が、企業向けの「和太鼓体験ワークショップ」を5月よりスタート。現在、同ワークショップのサービス資料を公式サイトにて無料公開中だ。

1時間の和太鼓体験

No image

「和太鼓体験ワークショップ」は、プロ和太鼓奏者として国内外問わず、年間1,000件以上もの公演をこなしてきた神谷俊一郎氏が協力し、企業向けの体験パッケージとして提供されている。

家族や社員同士が一緒に取り組める1時間の和太鼓体験では、子どもから大人まで誰でも音が出せる和太鼓を使って、リズムを叩いたり、ゲームをして汗を流したりと、体の健康と心の健康を養っていく。

同ワークショップは全国対応可能となっており、1回30名まで参加できる。費用は、50万円(税別)だ。

プロ和太鼓奏者による生演奏が楽しめる

No image

同ワークショップでは、企業のリクエストに応じ、従業員とその家族が対象の親子体験プラン、社員同士の交流が目的のチームビルディングプランの2つのプランを提供している。

同社は、企業から従業員に贈るウェルビーイングな体験機会の提供、新人研修や階層別研修と合わせて取り組む社員のチームビルディングを支援していくという。

また、ワークショップを爽快な気持ちで終えてもらうため、同社では様々な工夫を凝らしたプログラムを用意。準備運動、基礎練習、リズムの練習、やまびこゲーム、みんなで大合奏の流れを取り、1時間の体験の後、最後はプロ和太鼓奏者が生演奏を披露してくれる。なお、これは一例で、要望に応じて体験を変更する場合がある。

生の音楽が持つ無限の可能性

遊覧座は、生の音楽が持つ無限の可能性を信じている。その可能性をエンターテイメントとしての音楽だけではなく、社会が求める顧客体験に変換して、多くの人々に届けていきたいと考えているという。

「和太鼓体験ワークショップ」サービス公式サイト:https://wadaiko.yuranza.com/

esaki

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加