シャビ・アロンソ監督にクラブ・ブルージュが関心か、今季はソシエダBで2部リーグに挑戦中

シャビ・アロンソ監督にクラブ・ブルージュが関心か、今季はソシエダBで2部リーグに挑戦中

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/05/13
No image

レアル・ソシエダのリザーブチームで辣腕を振るうシャビ・アロンソ監督(40)だが、クラブ・ブルージュが招へいを検討しているようだ。ベルギー『Het Laatste Nieuws』が報じている。

【動画】ついに才能を開花させたノルウェーの神童、マルティン・ウーデゴール

シャビ・アロンソは2017年7月の現役引退後、翌年にレアル・マドリーのU-14の監督に就任。2018-19シーズンにリーグ無敗優勝を成し遂げ、早速指導者として才能の片鱗を見せた。2019年夏には同クラブのフベニールA(U-18)への昇格も検討されていたが、選手としてプロキャリアをスタートさせたソシエダのBチームを新たな挑戦の場に選んだ。

すると、その2年目に3部リーグから昇格を果たし、今シーズンからソシエダBとしては60年ぶりのセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)を舞台に。昨夏にはボルシアMGからのオファーもあった中、契約を2022年6月30日まで延長。ただ、残り3試合となった現時点で19位に沈んでおり、自動降格となる20位と3ポイント差の窮地に立っている。

去就はチームの残留か降格かにも依るだろうが、今夏で契約満了となる40歳指揮官に向けてクラブ・ブルージュが興味を示している模様。同クラブでは昨年1月にフィリップ・クレメント監督がモナコに引き抜かれ、その後任としてアルフレッド・スロイデル氏を招へい。

しかし、そのスロイデル監督も先日、今季限りで退任するエリク・テン・ハグ監督の後任を探していたアヤックス就任が決定したため、再び後任探しに奔走している。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加