ローソン、冷凍食品の種類倍増 ストック需要高まり

ローソン、冷凍食品の種類倍増 ストック需要高まり

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/11/25
No image

動画を見る(元記事へ)

アフターコロナを見据え、コンビニエンスストアが力を入れるのは冷凍食品です。

ローソンは冷凍の馬刺しやユッケ風生ハム、ラーメンなどを新たに開発し、冷凍食品の種類を約2倍の110品目に増やします。

新型コロナウイルスの影響による家庭の「ストック需要」の高まりで、ローソンでは2020年度の冷凍食品の売り上げが前の年に比べて2割伸びたということです。

来年3月までに全国で約5000の店舗を改装し、冷凍食品の売り場を従来の1.5倍に広げます。

2025年度までの5年間で、冷凍食品の売り上げを5倍に増やすことを目指すとしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加