阪神・糸原 100万増の8000万円も「悔しいのひと言。個人的な数字が全然ダメ」

阪神・糸原 100万増の8000万円も「悔しいのひと言。個人的な数字が全然ダメ」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/11/27
No image

契約更改を終え報道陣の質問に答える糸原(代表撮影)

阪神・糸原健斗内野手(30)が25日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、100万増の推定8000万円でサインした。

プロ6年目の今季は132試合に出場し、打率・247、3本塁打、36打点をマーク。開幕戦に「5番・二塁」で出場するなどチームリーダーとして引っ張ったが、納得のシーズンではなかった。

「悔しいのひと言。個人的な数字が全然ダメだったので。来年はホント勝負の1年になると思うので、覚悟を決めてやっていければいいかなと思います」

球団からは「来年も頑張ってくれ、もう一度年齢も年齢なのでチームを引っ張ってくれる存在になってくれ」と話をされたという。

岡田新体制となり、二遊間競争は激しさを増しているが、「競争は毎年のことなので、少しでも割って入れるように頑張っていきたい」と力を込める。

ファンには「今年は個人としてもチームとしても悔しい思いをしたので、来年はチームに貢献できるように頑張っていきたいと思うので応援よろしくお願いします」とメッセージを送った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加