江本氏、巨人打線に苦言「短く持って打つなど工夫が...」

江本氏、巨人打線に苦言「短く持って打つなど工夫が...」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/10/14
No image

巨人・吉川尚輝

巨人 2 - 2 阪神
<24回戦 東京ドーム>

13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた江本孟紀氏が、3位・巨人の打線について言及した。

2-2の9回に巨人は一死走者なしの場面で、阪神の守護神・スアレスからウィーラーがフェンス直撃の二塁打、続く中島宏之の内野安打で一、三塁とするも、吉川尚輝が159キロのストレートに空振り三振、松原聖弥が161キロのストレートに空振り三振に倒れ引き分けに終わった。

江本氏は「スピードに振り遅れていて、バットが長いでしょう。バットスイングが早いわけではないから、短く持って打つなど工夫がジャイアンツは全くないんですよね」と厳しく指摘していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加