《現場写真》東京五輪組織委スタッフが借り上げホテルで“デリヘル”を利用

《現場写真》東京五輪組織委スタッフが借り上げホテルで“デリヘル”を利用

  • 文春オンライン
  • 更新日:2021/09/16

東京五輪・パラリンピック組織委員会が大会開催のために借り上げていたホテルにおいて、組織委スタッフが派遣型風俗店、いわゆる“デリヘル”を利用していたことが「週刊文春」の取材でわかった。

【画像】約45分間の仕事を終えたデリヘル従業員

No image

©JMPA

組織委は今年7月1日からパラリンピック閉会後の9月10日まで、東京・晴海の選手村入り口近くにある「ホテル マリナーズコート東京」を借り上げていた。

ホテルの借り上げ費用など大会経費の一部は税金から負担

ホテル関係者が語る。

「オリパラの期間中、ホテル内では選手たちの記者会見が開かれていました。出入りできるのは組織委の広報局や警備局の一部スタッフのみ。彼らは約3カ月間、ホテルに泊まり込み、公式ホームページやSNSで発信する会見や試合などの動画の編集をしていました。セキュリティゲートが設置され、部外者の立ち入りはできないように厳重に管理されていた」

ところが、ホテルの借り上げ期間が終了する前日の9月9日、深夜11時半頃に一台の軽自動車がホテル前の路肩に停車した。車からはホットパンツにヒール姿の若い女性が現れ、運転していた男性とホテルの中に入っていく。そして約45分後の0時過ぎ、ホテルから出てきた女性は軽自動車に乗り込み、走り去った。

小誌はこの女性がデリヘルの従業員であることを取材によって確認している。

組織委関係者はこう語る。

「ホテルは通常営業されておらず、宿泊していたのは組織委のスタッフだけです。五輪選手や大会関係者の行動ルールを定めたプレーブックには、感染症予防のため、『他者との接触を最小限に』と記載がある。加えて、ホテルの借り上げ費用など大会経費の一部は税金から負担されています」

組織委に事実関係を問い合わせたところ、「感染症対策ルールの逸脱や、職場の規律を乱す行為については、個別に調査し厳正に対処いたします」(戦略広報課)と回答。調査の行方が注目される。

9月15日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」及び9月16日(木)発売の「週刊文春」では、緊急事態宣言下にもかかわらず、閉会式後に組織委幹部がホテル内で行った多人数での“打ち上げ”、その後、深夜に銀座のカラオケ店に繰り出した様子、組織委幹部が作成したスタッフ間の“不倫”を“告発”する文書「ゴシップジャパンvol.2021」の中身など、組織委員会の乱倫ぶりについて報じる。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年9月23日号)

「週刊文春」編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加