エンジンに磨きをかけたホンダの新型「シビック タイプR」究極のピュアスポーツ性能を追求した一台に!

エンジンに磨きをかけたホンダの新型「シビック タイプR」究極のピュアスポーツ性能を追求した一台に!

  • MonoMax Web
  • 更新日:2022/09/23
No image

キビキビ走るベイシックカーから50年!

No image

2022年9月に新型「シビック タイプR」が発売となった。初代シビックは1972年に登場したモデル。当時は「キビキビ走る」というキャッチフレーズを掲げていたが、50年経ったいまでも走りに対するその基本的姿勢は変わらず、新型「シビック タイプR」はスポーツモデルの本質的価値である「速さ」と官能に響く「ドライビングプレジャー」が両立。究極のピュアスポーツ性能を目指したのだ。

No image

ちなみに「タイプR」とは、F1への挑戦のスピリットを象徴する「チャンピオンシップホワイト」を専用のボディカラーとし、真紅のHondaエンブレム「 赤 バッジ」を纏うモデル。1992年に「NSX タイプR」がはじめてその名を冠し、1997年にはシビックからも「タイプR」が登場した。

エンジンをさらに磨きあげた新型「シビック タイプR」

No image

先代モデルの2.0L VTEC TURBOエンジンの骨格をベースに、圧倒的な速さの追求。新型「シビック タイプR」はターボチャージャーの刷新などにより、最高出力243kW、最大トルク420N・mへと向上させた。
出力とトルクの向上を実現するとともに、運転に夢中になることができるような痛快なドライビングフィールを追求。さらに「タイプR」専用のデータロガー「Honda LogR(ホンダ ログアール)」を搭載し、クルマの機械的な運動情報などをリアルタイムに伝える。

No image

フロントグリル開口面積を大きくし、ラジエーターの有効開口面積を48%拡大し、エンジンの冷却性能を向上。またミシュランと専用チューニングタイヤを共同開発。ミシュランの独自技術による特性の異なるトレッドコンパウンドを組み合わせることで、ウエット性能や耐摩耗性能を維持したまま、優れたドライグリップ性能を実現。旋回性能を高め車両パフォーマンスをより向上させた。

高速安定性と信頼感の実現

No image

限界走行時における安定性を実現するため、ボディの細部形状まで徹底的にこだわった新型「シビック タイプR」は空気抵抗を低減することに成功。そのエクステリアはローアンドワイドを強調し、圧倒的な速さと美しさを兼ね備えたデザインとなった。

No image

前述した「タイプR」専用のデータロガー「Honda LogR」は車載ナビにアプリとして搭載。自分自身の運転操作によるクルマの機械的な運動情報などをリアルタイムに知ることで信頼感を実現するだけでなく、「タイプR」ユーザー同士で情報をシェアできるようになっている。

スペック

No image

HONDA CIVIC TYPE R
全長×全幅×全高 4,595×1,890×1,405mm
車両重量 1,430kg
エンジン 水冷直列4気筒横置
総排気量 1,995cc
最高出力 243kW(330PS)/6,500rpm
最大トルク 420Nm(42.8kgf-m)/2,600〜4,000rpm
全国メーカー希望小売価格 ¥4,997,300(税込)

No image

問い合わせ先
本田技研工業 お客様相談センター TEL:0120-112010(いいふれあいを)
新型CIVIC TYPE R 製品サイト:https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

文/矢作優一 画像提供/本田技研工業

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加