職質現場近くの住宅で窓ガラス割られ侵入被害 強盗容疑者の関連捜査

職質現場近くの住宅で窓ガラス割られ侵入被害 強盗容疑者の関連捜査

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2023/01/26
No image

"永田陸人容疑者が職務質問を受けた現場周辺=2023年1月25日午後8時16分、東京都足立区花畑1丁目、遠藤美波撮影"

東京都中野区で昨年12月にあった強盗傷害事件で逮捕された男(21)が今月20日に職務質問を受けた現場近くの住宅で、前日から当日にかけて窓ガラスを割られて何者かに侵入される被害が出ていたことがわかった。男が使っていたとされるレンタカーに残された携帯電話にはこの地域の住所が記録され、被害のあった住宅には前日に資産状況を尋ねる「アポ電」がかかっていたという。

警視庁はこの住宅被害と中野区や東京都狛江市などで発生している一連の強盗事件との関連を調べる。

逮捕された男は永田陸人容疑者(21)。20日午後1時40分ごろ、東京都足立区内の路上で不審な動きをしているレンタカーがあるとの通報を受けた警察官が、レンタカーの近くにあるベンチに座る永田容疑者を発見。昨年12月に中野区の住宅から約3千万円が奪われた事件に関わった疑いがあるとして逮捕した。

捜査関係者によると、職質の前日にあたる19日の日中、警察官をかたって資産状況を聞き出す「アポ電」が職質現場近くの住宅にあった。住人はこれに応じたものの不審に思って警視庁に相談。同庁は強盗などの被害に遭う可能性があるとして同日中に避難させた。

その後、永田容疑者が職質を受けるまでの間に何者かがこの住宅のガラスを割って侵入したが、住人は避難していたため、犯人と鉢合わせすることはなかった。

不審なレンタカーは永田容疑者が使っていたとされ、車内にあった携帯電話には19日に狛江市で発生した強盗殺人事件に関する情報のほか、足立区内にある2カ所の地域の住所が記録されていた。このうちの1カ所が、侵入被害のあった住宅の住所と一致していたという。残る1カ所では被害は確認されていない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加