福士加代子、1万m五輪消滅も「なんか感動しちゃいましたね」/一問一答

福士加代子、1万m五輪消滅も「なんか感動しちゃいましたね」/一問一答

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/03
No image

女子1万メートルで完走しスタンドに手を振る福士(撮影・江口和貴)

<陸上:東京五輪代表選考兼日本選手権>◇3日◇静岡・エコパスタジアム◇女子1万メートル

日本陸上界初の5大会連続五輪を目指す福士加代子(39=ワコール)は、1万メートルでの東京五輪出場が消滅した。34分台で最下位の19位となった。

〈レース後の主な一問一答は以下の通り〉

-走り終えた感想は

福士 感想は…。う~ん、レースでは全然勝負になりませんでしたけど、見守られて、完走できて良かったかなと思います。

-すごく大きな拍手を受けた

福士 なんか感動しちゃいましたね。うれしくなって感動しました。

-陸上人生、さまざまな経験をしてきた

福士 全部、初めてですよね。とりあえず一通り全部経験した。1等賞もやって、2番、3番…。大きな大会でこんなドベドベもなかったし、最後に拍手をもらったこともないので、すごいですね、全部経験しました。

-大会前の調整は

福士 なんにも練習していません。いちかばちかでやっていました。

-どこかが痛かった

福士 痛いのもあるし、精神的にもダメだったのもあるし、ちょっとずつ調子が良くなってきて「あわよくばいくかな」と。400(メートル)の出だしがすごい良かった。ああいうのがずっと続けばいいよね、って。それだけに懸けたんです。1周しかもちませんでした。

-練習がなかなか思うようにできなかったのは、どういう影響か

福士 走りが下手くそになった。それを「前の自分が良かったのに」みたいな葛藤になって、そこで自分と戦って、自分を自分で追い込みました。それでやられました。それで今、立ち直りました。

-それでも最後まで走った

福士 気持ち的には1等賞とか、勝負しようという気持ちは変わらなかった。いっちょまえに。そういう気持ちは変わらなかったですね。

-後輩の安藤友香が東京五輪代表に決まった

福士 良かったよ~。私がこんな明暗で悪いですけどね、うちの監督とか、すごいなって思いますね。うちのチーム。やるもんですね。うちの監督、スタッフ陣。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加