ロッテがミラクル逆転劇 九回1死から中村奨が同点弾 延長十回に高部が決勝2点三塁打

ロッテがミラクル逆転劇 九回1死から中村奨が同点弾 延長十回に高部が決勝2点三塁打

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/09/23
No image

ロッテ・高部が十回に決勝の2点三塁打を放つ(撮影・村本聡)

(パ・リーグ、ソフトバンク3―6ロッテ=延長十回、21回戦、ソフトバンク12勝9敗、23日、ペイペイD)ロッテが執念の逆転勝ち。3位楽天に1・5ゲーム差とし、クライマックスシリーズ進出へ望みをつないだ。

2―3で迎えた九回1死。中村奨が12号ソロを放ち同点に。延長十回は岡の四球、佐藤都の中前打で一、二塁のチャンスを作る。ここで高部が前進守備の右中間を破る2点三塁打。さらに犠飛で3点を勝ち越した。

先制したのはロッテ。5年目の安田が四回、シーズン自己最多の本塁打となる9号の先制2ランを右中間席に突き刺した。しかし、先発の本前がその裏、デスパイネに追撃のソロを浴びる。そして2―1の七回、東條が柳田に逆転2ランを許した。

井口監督は試合前に「今の順位というよりは優勝争いをしているチームに、どう勝っていくかが大事だと思う」と語っていた。この試合を含めてソフトバンクとは残り5試合。どこまで食らいついていけるか、チームの底力が試されるところだった。

敗れれば、パ・リーグ優勝の可能性が消滅する一戦。「あと2人」からの逆転劇は、まさに最後まであきらめない気持ちを見せた試合だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加