「もうラファとはやりたくない」

「もうラファとはやりたくない」

  • tennis365
  • 更新日:2021/06/10
No image

(左から)シュワルツマンとナダル : 画像提供 ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は9日、男子シングルス準々決勝が行われ、第10シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)は第3シードのR・ナダル(スペイン)に3-6,6-4,4-6,0-6で敗れ、2年連続2度目の準決勝進出とはならなかった。試合後の会見では「もうラファ(ナダル)とはやりたくないね」と笑顔で語った。

>>ジョコvsナダル 1ポイント速報<<

>>チチパスvsズベレフ 1ポイント速報<<

昨年の同大会準決勝でも対戦し、そのときはストレート負けを喫していたシュワルツマン。この日は2度のブレークを許し第1セットを落としたものの、第2セットでは2度のブレークチャンスを2度とも決め切る決定力を見せてセットカウント1-1に追いつく。

しかし、第3セット以降はナダルにファーストサービスが入ったときに89パーセントの高い確率でポイントを獲得されるなどサービスのリターンやストロークで攻め込まれ、2時間45分で力尽きた。

会見でシュワルツマンは「次は同じ山のドローにはなりたくないね。僕はクレーコートではとてもいい選手だと思う。でも、ここ数年ラファにはいつも負けているんだ」と笑顔で話した。

「次はノヴァーク(ジョコビッチ)とやりたいけど、もうラファとはやりたくない。誰にとっても、彼と対戦するのは非常に難しい。彼はコート上でとても快適に過ごしているし、すべてがうまくいっている。ベースラインに近い位置でプレーするのはとても難しいんだけど、彼はそれが好きなんだ。相手選手をベースラインの2~3メートル後ろに置くために、あらゆることをしているように感じる」

「最終的にはとても難しいことになってしまった。今日は、第3シード相手にチャンスがあったんだ。惜しかったよ。途中までは彼よりも少しだけいいプレーができていた。でも、ナダルはいつも道を切り開いていくんだ」

5連覇と14度目の全仏オープン制覇を狙うナダルは、準決勝で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。ジョコビッチは準々決勝で第9シードのM・ベレッティーニ(イタリア)を下しての勝ち上がり。

[PR]全仏オープンテニス5/30(日)~6/13(日)WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加