デル、17.3型ゲーミングノートPC「AREA-51M R2」に360Hzディスプレイ搭載モデル

デル、17.3型ゲーミングノートPC「AREA-51M R2」に360Hzディスプレイ搭載モデル

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/10/16
No image

デルは10月16日、販売中の17.3型ゲーミングノートPC「ALIENWARE AREA-51m R2」に、360Hzディスプレイ搭載オプションを追加して発売した。価格は267,980円(税別)から。

デル、オプションでCore i9 10900Kまで選べるゲーミングノート

17.3型のフルHD(1,920×1,080ドット)ディスプレイを搭載するゲーミングノートPC。本体後部に大規模な冷却装置を搭載することで、発熱の大きいデスクトップ向けのパーツを使用している点が特徴。ベイパーチャンバー冷却テクノロジーの他、ノートPCとして初めて12フェーズの電圧レギュレータを内蔵する。CTOに対応しており、ディスプレイは標準でフルHD/144Hzを搭載。この他オプションとして4K/60Hzと、新しくフルHD/360Hzをラインナップする。

「ALIENWARE AREA-51m R2 フルカスタマイズ」では標準仕様にIntel Core i7-10700、8GBメモリ、256GB NVMe M.2 PCIe SSD、NVIDIA GeForce RTX 2060 8GBを搭載し、OSにWindows 10 Homeをインストール。ディスプレイに360Hz動作対応モデルを選択すると267,980円(税別)。

本体サイズはW402.6×D319.14×44mmで、重さは最大4.7kg。

原修一郎

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加