<神木隆之介の撮休>撮休中の神木が週刊誌に写真を撮られる? 木竜麻生、松重豊、大塚明夫、仲野太賀ら多彩なゲストも判明

<神木隆之介の撮休>撮休中の神木が週刊誌に写真を撮られる? 木竜麻生、松重豊、大塚明夫、仲野太賀ら多彩なゲストも判明

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2021/11/25
No image

「神木隆之介の撮休」後半4話のゲスト俳優陣が一挙に発表! (C)WOWOW

2022年1月7日(金)よりWOWOWにて放送・配信スタートする「WOWOWオリジナルドラマ 神木隆之介の撮休」。このほど、第5話~第8話に出演する豪華俳優陣と、気鋭のクリエーター陣の個性が光るストーリーが明らかになった。

【写真を見る】第1話~第4話のゲスト陣も超豪華!

多忙な毎日を送る俳優は、ドラマや映画の撮影期間に突然訪れる“撮休”をどのように過ごすのか―。そんな知られざる“オフの姿”にフォーカスし、クリエーターたちが妄想を膨らませて描き、主演となる俳優が自分自身を演じていくオムニバスドラマ「撮休」シリーズ。

第1弾の「有村架純の撮休」(2020年)、第2弾の「竹内涼真の撮休」(2020年)に続く第3弾となる今回、主演を務めるのは神木隆之介。ドラマ、映画、舞台にアニメーション作品まで、さまざまなフィールドで活躍する神木が、各話の監督・脚本家たちによる“架空の神木隆之介”を熱演する。

先日安達祐実、成海璃子、藤原季節、MEGUMI、矢本悠馬、長澤樹ら、第1話~第4話に登場するゲスト陣が発表され話題となったが、今回新たに第5話~第8話のゲスト俳優陣が一挙に発表。若手実力派から言わずとも知れた演技派まで、豪華キャストが集結した。

神木のささやかな週末に波乱を起こすキャラクターを豪華キャストが熱演!

第5話「優しい人」には、神木の恋人役で木竜麻生が出演。架空の物語ながら、恋人への気遣いによって生まれてしまう“すれ違い”をリアルに描いた物語となっており、木竜は優しい人=神木へ静かに葛藤を抱く恋人を好演している。

第6話「ファン」には、松重豊、大塚明夫、田中要次が出演。ファンとのコミュニケーションを題材に、神木のファンを名乗る男性役を松重、神木がファンである声優役に大塚、ファンの思いの行き違いによって生まれた“ちょっと気まずい時間”に巻き込まれていくカフェの店員役を田中が演じる。

第7話「友人の彼女」には、萩原みのり、井之脇海、北村有起哉らが出演。神木の親友役を井之脇が、親友の恋人役を萩原が、神木のスキャンダルを狙う週刊誌の記者役を北村が演じる。親友と、まさかの理由で不機嫌な恋人の間で頭を悩ませる神木の元に、週刊誌の記者が現れ先の読めない展開が待ち受ける。

本作のラストを飾る第8話「遠くにいる友人」には、かつて共に子役時代を過ごした役者仲間・友人役に仲野太賀、その母親役で坂井真紀が出演。友人の母親との再会を機に、忙しく過ぎ去った神木の過去を尊みながら、業界を離れてしまった友人への寂寥感を孕んだ物語となっている。

第5話「優しい人」(監督:三宅唱/脚本:狗飼恭子)

撮休の日、神木隆之介(本人)は恋人・菜菜子(木竜麻生)の家で朝を迎える。隆之介に合わせて有給をとった菜菜子は隆之介に手料理を振る舞うが、なぜか隆之介はあまり手を付けない。

隆之介がうたた寝する間に台本を盗み読んだ菜菜子は、その作品が恋愛モノだと知る。隆之介は菜菜子のためを思って言葉を選ぶが、その優しさは次第にすれ違いを生んでしまい…。

第6話「ファン」(監督:森ガキ侑大/脚本:ふじきみつ彦)

撮休の日、友人との約束に遅刻しそうな神木隆之介(本人)は先を急いでいた。信号待ちをしていると、ファンを名乗る中年男性(松重豊)に声をかけられ写真撮影を頼まれるが、時間のない隆之介はそれを断ってしまう。

しばらくして喫茶店に入ると、隆之介が憧れてやまない声優・小野寺修吾(大塚明夫)がいた。小野寺のはからいで二人は一緒に写真を撮ることになるが、店員(田中要次)にカメラを渡した時、隆之介は先ほどの中年男性がじっとこちらを見ていることに気づいてしまう…。

第7話「友人の彼女」(監督:天野千尋/脚本:玉田真也、天野千尋)

突然の撮休。神木隆之介(本人)は親友・葉山宏武(井之脇海)とその彼女・清水彩夏(萩原みのり)と合流してボウリングへ行く。だが、宏武が仕事のトラブルで席を外し、隆之介は彩夏と二人きりになってしまう。

不機嫌な彩夏との気まずい空気をごまかそうと、隆之介はあれこれ話をしていたが、ふと顔をあげるとそこには週刊誌の記者・幸治郎(北村有起哉)の姿があった。写真を撮られたことに気づいた隆之介は…。

第8話「遠くにいる友人」(監督:瀬々敬久/脚本:高田亮)

撮休の日、神木隆之介(本人)は何年も会っていない子役時代からの友人・吉田健一(仲野太賀)のことを思い出し、彼の故郷を訪ねる。だが、そこには吉田の姿はなく、彼の母親・吉田房子(坂井真紀)がいた。

房子と話をしていた隆之介は、房子も吉田からの連絡が長い間絶たれていることを知る。房子の提案で二人は炭鉱住宅へ向かうが、そこには吉田のいた痕跡があった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加