紅葉見頃予想2020:全国的に鮮やかな色づきに期待 北関東は10月中旬から見頃に

紅葉見頃予想2020:全国的に鮮やかな色づきに期待 北関東は10月中旬から見頃に

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2020/09/16

ウェザーニューズ 第1回紅葉見頃予想

No image

2020/09/16 11:36 ウェザーニュース

朝晩の涼しさに季節の進みが感じられるようになり、木々も秋への準備をはじめています。
この夏の天候などをもとに、ウェザーニュースでは紅葉見頃予想を発表。紅葉狩り計画にお役立てください。

■ポイント ■

・東・西日本の見頃時期は平年並
・7月の大雨、8月の少雨や厳暑の影響は限定的
・鮮やかな色づきに期待

東・西日本の見頃時期は平年並も、北海道はやや遅め

No image

もみじの見頃予想マップ

No image

いちょうの見頃予想マップ

葉が色付く時期は秋の気温と深く関係しており、気温が低いと色付く時期が早くなり、高いと遅くなります。

今年の秋は、9月の気温は全国的に平年より高い影響で、例年9月から10月上旬にかけて見頃を迎える東北から東日本、四国の標高が高い山や北海道では、見頃がやや遅くなる見込みです。

10月以降の気温は平年並の予想で、東・西日本では平年並の見頃時期を迎えるところが多くなるとみています。

ただ、東北は11月の気温がやや低めの傾向で、平野部ではやや早く見頃を迎えるところがありそうです。

7月の大雨、8月の少雨や厳暑の影響は限定的

夏の天候は、葉の育ち具合や痛み具合を左右し、色付きの良さに影響を与えます。

今年の夏は7月の「令和2年7月豪雨」や、8月の記録的な降水量の少なさや厳暑の影響が懸念されました。

そこで、スマートフォンアプリ「ウェザーニュース」を通じて葉の状態を調査し、全国840人に回答をいただきました(調査期間9月3日〜4日)。

その結果、東海など東日本太平洋側で猛暑や少雨の影響と考えられる葉の不揃いやカールが見られたものの、影響は限定的で、全国的に葉の発育は順調に進んでいることがわかりました。現段階では例年通り鮮やかな紅葉が期待できそうです。

ただ、調査後の9月6日から7日にかけて九州地方に台風10号が接近し、暴風による倒木や落葉などの被害報告がありました。台風の被害があった場所では、紅葉の見栄えがやや控えめになる可能性があります。

鮮やかな色付きに期待

葉が鮮やかに色付くためには、夏の天候だけでなく、秋に適度な日差しと雨があり、気温がしっかりと下がることが必要です。

今後、11月にかけては全国的に天気が周期変化する予想です。葉が鮮やかに色付くために必要な十分な日照や雨、朝晩の冷え込みが見込めるため、全国的に鮮やかな色付きが期待できます。

ただし、台風や木枯らしなど葉が強い雨風にさらされた場合は、葉が傷付いて落葉したり、色づきが悪くなったりすることがあります。今後の台風の動向や葉の痛み具合に注意が必要です。

第二回紅葉見頃予想は10月中旬の発表を予定しています。
また、名所ごとの詳しい見頃予想は、ウェザーニュースアプリ「紅葉 Ch.」でまもなく公開予定です。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加