「50%はムロヤのゴールだ」公式戦デビューの室屋成が高精度クロスで追加点を演出!原口元気とともにハノーファーのカップ戦勝利に貢献

「50%はムロヤのゴールだ」公式戦デビューの室屋成が高精度クロスで追加点を演出!原口元気とともにハノーファーのカップ戦勝利に貢献

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2020/09/15
No image

今夏にFC東京からドイツに当った室屋。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

現地時間9月14日に開催されたDFBカップの1回戦で、原口元気と室屋成が所属するハノーファーが、同じ2部の“昇格組”ヴュルツブルク・キッカーズと対戦した。

原口がトップ下、これが公式戦デビューとなった室屋は右SBでともに先発出場を飾った。

先制点を奪ったのはハノーファー。23分、後方からパスを受けたFWヴァイダントが敵DFと入れ替わって、右足のシュートを叩き込む。38分には、左サイドからのクロスにゴール前でフリーになった原口がヘッドで合わせるも、枠を捉えられなかった。

前半は慎重に守備を意識し、オーバーラップは控え目だった室屋は、後半に入ると攻撃にも積極的に参加する。46分に正確なアーリークロスを送り込むと、59分にも高精度のクロスを供給。これをドゥクシュが落とし、カイザーが惜し込んで追加点を奪った。

2点目を演出した室屋の活躍に、ハノーファーの公式ツイッターには「50%はムロヤのものだ」という称賛コメントも寄せられた。

攻守に奮闘した原口が76分に交代した直後の78分にもCKから追加点を奪ったハノーファーは、終了間際にセットプレーとPKで2点を返されたものの、3-2で勝利。2回戦に駒を進めている。

フル出場の室屋は、果敢に前に出てパスカットをするなど守備でも印象的なプレーを披露。上々のデビューと言っていい出来だった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加