日本の卓球ロボット、5回連続で輸入博に出展 上海市

日本の卓球ロボット、5回連続で輸入博に出展 上海市

  • 新華社通信
  • 更新日:2022/09/23
No image

日本の卓球ロボット、5回連続で輸入博に出展 上海市

第5回輸入博に出展するオムロンが開発した卓球ロボット。(資料写真、上海=新華社配信)

【新華社上海9月23日】中国上海税関は22日、日本のオムロンが開発した卓球ロボットが、第5回中国国際輸入博覧会(輸入博)で最初の海上貨物として輸入申告し、5回連続で出展すると明らかにした。

2013年に誕生した同ロボットは、16年に「最初の卓球コーチロボット」としてギネス世界記録に認定され、その後、現在の第7世代へとバージョンアップを重ねた。今年は上海浦東の外高橋港区から入港し、ロボット技術の未来と発展について紹介する。(記者/呉宇)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加